お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 アンチエイジング

もう、若くない……。働く女子が「肌の衰えを感じた瞬間」

いつまでも若々しい肌でいたい! と女性なら誰もが思うはず。でも、現実には年齢を重ねるにつれて、「肌の衰え」を感じることがあるようです。そこで、働く女性にこんな質問をしてみました。

Q.あなたは、「肌の衰え」を感じた瞬間はありますか?
ある……76.4%
ない……23.6%

多くの女性が、肌の衰えを実感しているようです。くわしいエピソードを聞いてみました!

■シワ・シミが気になる
・「おでこや目元にシワができたとき。それ以来、毎日夜はシートパックをするようになった」(28歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)
・「小ジワが気になるように。10代のころはメイクを落とさずに寝ても何ともなかったが、最近はちゃんとメイクを落としてから寝ないと肌荒れがすごい、肌の衰えを感じます」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「鏡を見たら小ジワ、シミが増えていた」(26歳/電機/事務系専門職)
・「ある日突然、鏡を見たらほうれい線がはっきりしていることに気づいた」(27歳/ソフトウェア/技術職)

自分では気がつかないうちに、シミがくっきり目立つようになるとかなりショック。しっかりした保湿や毎日のケアを怠らないようにして、肌のコンディションを整えるようにしましょう。

■肌のトラブルが治りにくくなった
・「ニキビ跡などが治りにくくなった。思春期のニキビはそんなに残らなかったのに、25歳前後からできた物は跡が残って、治りにくくなりました」(28歳/生保・損保/販売職・サービス系)
・「日焼けがなかなか戻らないとき。今年は日焼けした色がなかなか戻らず、美白ケアが大変」(30歳/医療・福祉/専門職)

昔ならすぐ元に戻ったはずの肌荒れやうっかり日焼け。ケアをしていてもなかなか改善できないと、「肌の衰え」を実感するようです。

■たるみが目立つように
・「口元のたるみを感じたとき。顔のエクササイズをして、かなり改善された」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「たるみが目立つ。朝起きるとオバサンみたいになっている」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

肌のたるみは、乾燥や紫外線など、さまざまな原因で引き起こされます。スキンケアに加えて、マッサージなどを定期的にするようにして、たるみを防いでいきたいですね。

肌にまつわる悩みはつきないもの。年齢に負けない肌をつくるためにも、毎日のお手入れをしっかりして、若々しい肌をキープしていきましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数191件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]