お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

優しさからシビアな回答まで! 女性が妊婦さんを見かけたときに実践していること5選

妊婦街で見かけることも多いのが、妊婦さんです。大きなお腹を抱えて大変そうな姿に、「なにか手伝えたら……」と思った経験がある方も多いのではないでしょうか? 働く女性たちが街で妊婦さんを見かけたときに、なるべくしていることを教えてもらいました。

■座ってください

・「電車やバスならば、席を譲るなどの声をかけます」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「電車などでは優先して座ってもらう」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

電車やバスで立っていると、疲れるだけでなく、転倒のリスクも高まります。妊娠後期の女性が目につきますが、実はお腹が目立ちにくい初期の方が辛いことも……。マタニティマークを見つけたら、同様に行動するのが良いでしょう。

■無理をしないで!

・「荷物を持ってあげたり、車道側を歩かせないようにする」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「代わりに動く」(27歳/生保・損保/営業職)

電車やバス以外でも、大変なことは多いもの。積極的にサポートしている女性も多いようですね。こうやって動いておけば、いつか自分が妊婦さんになったときにも、きっとサポートしてもらえるはず!?

■あえて……

・「押さないように距離をとる」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「席を譲ることと、もし自分が香水をつけていたら少し距離を置く」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

妊婦さんを不快にさせないため、あえて距離を置くという方も。あのお腹に小さな赤ちゃんが入っているかと思うと、ぶつかったら大変です! また妊娠中は、匂いに敏感になる方も多いもの。さりげない優しさですね。

■必要なサポートを

・「手伝えることがあるときは手伝う」(32歳/生保・損保/事務系専門職)
・「なんかあったら助けてあげようと思う」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

一言で「妊婦さん」と言っても、健康状態も必要なサポートも人それぞれです。何かを頼まれたときに、快く応じるというスタンスの女性も少なくないよう。妊婦さん側にも、「勇気を出してお願いする」という心構えが必要でしょう。

■セキララな本音?

・「何もしない。リア充でいいなと思う」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

妊婦さんにも大変なことはあるのでしょうが……なんとなくほのぼのした幸せそうな雰囲気をまとっていることも多いですよね。正直、うらやましい! こんな感想が、実は女性たちの本音なのかもしれません。

街で見かけた妊婦さんに、「なにかしてあげたいけれど、実際にどう行動すればよいのか……」と戸惑ってしまうことってありますよね。ぜひみんなの意見をお手本にして、スマートなサポートをしてみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]