お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

あなたのFacebook投稿、事実そのままですか?「3分の2のユーザーは、実際より良く見せる投稿」-英調査

自分の日々の活動や発見をシェアするフェースブックやツイッターなどのソーシャルメディア。見ればみんな様々なアクティビティをして、みんながみんな、とても充実した生活を送っているように思いませんか?でも、これ、本当に事実そのままなのでしょうか?

【facebookで離婚率アップ―「離婚申請の理由の3分の1がfacebook」】

匿名投稿ソーシャルメディア「Pencourage(ペンカレッジ)」が行った調査では、実に68%の回答者が、脚色したり誇張したり、はたまた完全な嘘をついた経験が。一人で家に居る時にあたかも外に居るように、はたまた仕事での成功や男女関係、休暇などについての嘘が多いとのこと。

こうした投稿は、つまらない人間だと思われたくないという思いや、他の人の楽しそうな投稿に対する嫉妬からこうした行動に出てしまうよう。

英臨床心理学者で神経精神分析学会(Society for Neuropsychoanalysis)の創始者であるRichard Sherry氏は、実に3分の2のユーザーは、各出来事を実際よりポジティブな内容として掲載している、と指摘。

また、これは「自分の記憶自体もすげ替える行為」にもつながるとのことで、実際より良く見せようとして投稿した内容を、実際に合ったこととして記憶する傾向があるとのこと。

Sherry氏は、「自分の生活や体験を記録して、それを人々とシェアする事は自然だし有意義なこと。でも、ソーシャルメディアの欠点も認識しておくべき」と指摘。こうした投稿をした人の約半数は、ソーシャルメディア上の事実と自分の実際とのギャップに不幸感や恥ずかしさなどネガティブな感情に苛まれている、と話しています。

せっかくの連休にどこも行かずに家に居る時、友達たちの楽しそうな海外旅行やピクニックの風景などを見たら、つい自分も楽しそうな写真を乗せてしまいたくなる、そんな心境、きっとあなたにもあるのでは?でも、後で虚しさや恥ずかしさが襲って来るようなことになれば、元も子もなし。

投稿の際はありのまま、を心がけたいですね。

参考:
How exaggerating on Facebook can make you paranoid: People suffer sadness and shame when they fail to live up to online image
http://www.dailymail.co.uk/health/article-2888454/Youngsters-airbrushing-reality-social-media-make-lives-interesting-suffer-paranoia-sadness-shame-fail-live-online-image.html

お役立ち情報[PR]