お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

人類が初めて使用したカレンダー発見される「紀元前1600年」

人類が初めて作ったと思われるブロンズディスクのカレンダーが1999年にドイツで発掘されて以来、天文学者の頭をずっと捻らせています。ネブラスカイディスクと呼ばれる、そのカレンダーは、紀元前1600年、中東青銅器時代の間に作られたもので、世界で最初に作られた「スカイマップ」であろうと考えられているようです。

【世界初の宇宙飛行士「ガガーリン」は、飛行機事故で亡くなったって本当?】

それは、直径約32センチメートルのブロンズディスクに、金のインレイ(歯の治療などで使用される詰め物)によって、大きな円の太陽が一つ、大きな三日月状の月一つ、そして32個の小さな円状の星が描かれた、言わば、天文盤です。

発掘された当初、専門家たちは、「太陰暦」のズレを修正するものであると考えていました。当時の人々は、太陽の動きを元にする「太陽暦」ではなく、月の動きを元にする「太陰暦」を使用していたのですが、太陰暦はズレが生じるため、3年に1度の頻度で13ヶ月目を加えることによって、修正を行わなければならなかったといいます。

その修正の時期を読むためにディスクを使っていたのでは?と。

ところが、最近になってまた異なる見解が出てきたというのです。

それは、青銅器時代の人が、春と秋に行われる種まきや収穫のベストタイミングを予測するために使っていた計測器なのではないかというもの。このミステリアスなディスク、今後、さらに調査が進めてられていくとのことです。

参考:
Was this the first calendar? Mysterious 3,600 year disc that let ancient farmers track the seasons
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2884475/The-map-sky-Mysterious-3600-year-old-Sky-Calender-let-ancient-farmers-track-seasons.html

お役立ち情報[PR]