お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ひそかに健康になる専門家が教える6つのコツ「食品のラベルをチェック」

忘年会や新年会で食べすぎ飲みすぎになりがちな年末年始。栄養学の専門家に聞いた、無理なく健康に気をつけるポイント6つを実行してみては?

【ダイエット目的なら、これくらいがちょうどいい。シンプル・ダイエット・フォト】

サンドイッチチェーン、サブウェイの栄養コンサルタントをつとめるジュリエット・ケロー氏が、つらい思いをせずに健康になる秘訣を伝授します。

1.カロリーの高い飲み物は控える
飲み物では満腹感を得られません。同じカロリーでも食べ物より摂取する時間も短く、体が認識しないのです。たとえば一日にオレンジジュース、カプチーノ、スムージー、ワインを一杯ずつ飲んだとすると、それだけで440kcal。

これは一日に必要なカロリーの5分の1にもなります。これを水などのカロリーのない飲み物に置き換えるだけで、一日の摂取カロリーをぐっと抑えられます。

2.食品ラベルを見る
お買い物するときはパッケージのラベルを確認!脂肪や糖分、塩分の低いものを選ぶようにしましょう。最近はレストランやカフェでもメニューの横にカロリーが表示されているので便利ですね。

3.グルテンフリーにまどわされない
はやりのグルテンフリー食品はカロリーの高いものも多くあります。特に健康上の問題がない限り、小麦をカットするのではなく、全粒粉のものを選ぶようにするのが賢明です。精製された小麦粉より、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、さまざまな病気の予防にもなります。

4.野菜や果物を毎日とる
簡単なのはいつも食べているものに少し野菜や果物を加える方法です。シリアルにバナナを入れたり、スープにコーンを入れたり、ごはんにグリンピースを入れたり、少しでも多く野菜や果物をとるようにしましょう。

5.「低脂肪」には要注意
多くの低脂肪・無脂肪の食品は、脂肪のかわりに糖分や人工甘味料などが入っています。ラベルをよくチェックして。

6.食物繊維はたっぷり
イギリスでは現在一日に摂取すべき食物繊維の量は24gとなっていますが、これが30gに増やされるそう。野菜や果物、全粒粉の食品を積極的にとりたいところです。

今年はダイエット!と意気込んで頑張りすぎると、年の初めから大きなプレッシャーになりかねません。無理のない程度に努力し、体重は大きく減らずとも体調よく、少しでも健康的な一年を送りたいですね。

参考:Stealthily Healthy: Six Expert Tips To Be Healthier In The New Year Without Noticing
https://uk.lifestyle.yahoo.com/stealthily-healthy–six-expert-tips-to-be-healthier-in-the-new-year-without-noticing-175409678.html

お役立ち情報[PR]