お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 健康美人ラボ

ヘルシー美人の食習慣! 女子が「健康のために食生活で気をつけていること」4つ

美しさは内面から。化粧でかわいさは作れるといっても、メイクを落としたときガサガサの肌なのは耐えられませんよね。そこで今回は、「健康のために食生活で気をつけていること」を働く女子のみなさんに聞いてみました。

■野菜をたくさんとる

・「野菜をたくさんとる。美肌やダイエットにつながると思うので」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「野菜をたくさん食べる。体の中からスッキリする感じがする」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「野菜を積極的に食べる。ひどい肌荒れにはなっていないことが効果のあらわれだと思う」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

野菜にはビタミンが豊富に含まれ、美肌につながります。なるべくたくさんとっておきたいですが、タンパク質も忘れずに。バランスのいい食事を心がけたいものです。

■食物繊維で便秘解消

・「野菜や食物繊維をしっかりとる。便秘が改善されるから」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

食物繊維がたっぷり入ったゴボウやれんこんなどの根菜類は、腸の状態を整え、便秘解消に役立ちます。女子の悩みにもなりやすい便秘、食事で改善してみませんか。

■発酵食品で腸を元気に

・「納豆は週に3回食べる。イソフラボンを取るため」(27歳/通信/販売職・サービス系)

・「毎朝ヨーグルトを飲んだり食べたりしている」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

ヨーグルトや納豆などの発酵食品は腸のはたらきを活発にしてくれます。さらに、大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをするため、女性には欠かせませんね。

■お菓子・ジャンクフードを食べ過ぎない

・「ジャンクフードばかりにならないようにしている」(23歳/自動車関連/事務系専門職)

・「お菓子を食べ過ぎないようにする。大好きですが体にあまりよくないと思っているので」(31歳/不動産/専門職)

甘いものはおいしくてつい手が伸びてしまいますが、食べ過ぎには要注意。たまに食べるための自分へのご褒美として大事にとっておくのがベストです。塩分過多にも気を付けたいですね。

何事もまず基本からというように、健康も身近な食生活から改善していきたいものですよね。これらを参考に、風邪知らずの健康的なカラダを手に入れましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年11月にWebアンケート。有効回答数224件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]