お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

自分の第一印象を良くするには「相手に話させる」だけでOK―ハーバード大学

仕事場でも、プライベートでも、人と会うときの第一印象はできるだけ良くしたいですよね。その方法は、意外にも簡単。誰にでもできる小技で、初対面の人に好感を持ってもらうことができるんです。

【第一印象が人の思考を鈍らせる、その心理とは?】

その方法とは、「相手に喋らせる」こと。

ハーバード大学の研究によると、自分自身のことを話すことは人間の脳にとって「報酬」にあたるそうです。つまり、胃袋に美味しいものを与えるのと同じ。初対面の相手に自身のことを喋らせてあげることは、美味しいものをご馳走してあげるようなものだったんですね。

口下手だから私なんてダメだ、相手を楽しませるために何を話したらいいんだろう……なんて悩むこともありません。自分のことを話して一番楽しいのは、自分自身。したがって、ただ相手に話させてやることが、相手を楽しませる最善の方法というわけです。

こちらのことはアピールせず、聞かれたら少し答えるという程度に留め、なるべく相手の話を促すように軽く質問。後はしっかり目を見て相槌を打ち、「あなたの話を聞いていますよ」と態度で伝えましょう。本当にそれだけで、誰でも必ず好印象を持たれます。

次に出会いのチャンスがあったときは、是非お試しください。

参考:
The Secret To Making A Great First Impression Is Ridiculously Simple
http://www.businessinsider.com/how-to-make-a-great-first-impression-2014-12

お役立ち情報[PR]