お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

寝る前に食べるな!Bed Hungryってなに?

夕食を食べても、寝る前におなかが空いてしまうという人も少なくないかもしれません。おなかを空にして眠りについたほうが、臓器を休められて健康的ですが、脳はこれから8時間あまりの間、胃を空にしておくことを怖がり、就寝前に空腹を感じてしまうようです。

【おやつがやめられない人に。超簡単なダイエットのコツ「洋菓子より和菓子」「3時のおやつは太りにくい」】

空腹を感じても我慢できるようにするヒントをご紹介します。

1.夕食後にキッチンをしっかりきれいにする
夕食を終えた後、キッチンをピカピカにきれいにすることで、「もう汚したくない」という気持ちが生まれるので、寝る前に食べてしまうことを防ぐことができます。

2.何を食べたいかで判断する
就寝前に食べたくなるものといえば、アイスクリームやチョコレートなどのお菓子が多く、しっかりしたご飯を食べたくなる人は少ないようです。もし、体が本当に食べ物を必要としている場合は、食事をとりたくなるものなので、お菓子を食べたいと感じる場合は、食べる必要がないとうことを肝に銘じておきましょう。

就寝前の数時間は、食事を口にしないほうが健康的だといわれています。また、おなかを空っぽにすることで、翌朝、おいしく朝食を楽しむこともできます。就寝前に食べる癖を断ち切って、健康を手に入れましょう。

参考:
Is it bad to go to bed hungry?
http://www.news.com.au/lifestyle/health/is-it-bad-to-go-to-bed-hungry/story-fneuzkvr-1227158564158

お役立ち情報[PR]