お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

急いで戻さないと……! 働く女子が「正月太りを解消するために、毎年していること10」

働く女性は、一体どんなことを考えてるの? 『恋愛・結婚観』をはじめ、『美容のトレンド』や『おシゴト事情』などを、毎日ランキング形式で発表しています!

おいしいものをたくさん食べる機会の多いお正月。しかしおなかの幸せとともに、体重増加という現実はやってきます。今回は働く女子に「正月太りを解消するために、毎年していること」を聞いてみました。増えた体重は定着する前に戻しましょう!

■Q.正月太りを解消するために、毎年していることはありますか?

第1位/「なるべく歩くようにする」……33.3%
第2位/「おもちを食べすぎない」……27.1%
第3位/「間食を減らす」……24.7%
第4位/「しっかりお風呂に入って代謝をあげる」……22.8%
第5位/「食べた日の翌日は、なるべくカロリーをとらない」……19.6%
第6位/「仕事がはじまったら食事制限をする」……16.9%
第7位/「油ものを控える」……14.1%
第8位/「体重計に小まめにのる」……11.4%
第9位/「体を温める食べ物を積極的にとる」……9.0%
第10位/「部分エクササイズをする」……8.6%
※複数回答式・第11位以下は略。

◇第1位は33.3%で「なるべく歩くようにする」

増えた体重は運動して落とすのが一番! いつもよりなるべく多く歩いて、消費カロリーを高めたいですね。

◇第2位は27.1%で「おもちを食べすぎない」

おもちといえば太るというイメージを持っている人は多いよう。しかしおもち自体のカロリーはそこまで高くないんですよ。問題は「たくさん食べてしまうこと」と、「おもちと一緒にいろいろなものを食べてしまうこと」。気をつけましょう……。

◇第3位は24.7%で「間食を減らす」

家でだらだらしているとつい間食が増えてしまいますよね。かといって外に出かけても食の誘惑が絶えないのがお正月……。強い気持ちで我慢しましょう!

■まとめ

正月太りについては、かなり多くの人が警戒はしているよう。ですが、そんな警戒を軽々とすり抜けてくるのがお正月の食なんですよね……おそろしい。みなさんも、食べたらそのぶん運動しましょう!(タブロイド/佐藤)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数255件(マイナビウーマン会員:22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]