お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

男性脳・女性脳とよくいうけれど、脳のシステムのどこにちがいがあるの?

Doctors Me
■サイズ・構造・働き、すべてにおいて男女で異なる

よく「女性はひとの気持を察するのが得意だ」とか、「男性は地図をみるのが上手だ」とか言われますね。さて、高度な認知機能をもつ人間では、脳の働き方は男女でちがいがあるのでしょうか。

くさいウンチとくさくないウンチ。そのちがいとは?

■脳のサイズ、形状が異なる

実は、脳の重さは男性で約1350g、女性で約1250gと、男性のほうが女性に比べて約100g重いことが知られています。一方で、女性では脳の表面の皺の曲がり方が男性に比べて複雑であることが知られています。しかし、脳の重さが頭のよさと関係しているかは不明。IQについてはほとんど男女差がありません。女性は男性に比べて脳が小さいけれど、男性に比べて脳が効率よく働いている、という見方もできます。

■脳内の構造にもちがいが!

次に脳の中の構造について。大脳は、論理的・分析的で言語表現をつかさどる左半球と、情緒的・芸術的・音楽的な表現をつかさどる右半球に分かれています。その左右の脳をつなぎ、互いに連携をとって知的な活動を可能にしているのが脳梁という神経繊維の束です。女性では、脳梁の後方部分にある膨大部が球状に太くなっているのですが、男性の脳は膨らみが少ないというちがいがあります。ここには、視覚情報をつかさどる後頭葉や、その近くの言語中枢と連絡する神経繊維が通っています。そのため、この部分が発達している女性では、視覚情報を瞬時に処理して解析するという能力が優れているのではないかと考えられます。女性がヘアスタイルの変化に敏感に気づけるのは、このためかもしれません。

■脳の働きも、男女それぞれ

脳の働き方について。言語能力については女性のほうが優れていると言われています。これは先ほどの言語中枢と左右の大脳が発達した脳梁によって密に連携を取っているためと考えられています。一方、空間認知能力や方向感覚は男性のほうが優れているというデータがあります。男性は、立体で物を認識するのが得意で、道順を覚えるときもランドマークにはあまり頼らず、距離や方向、角度などをもとにして空間を認知しているのではないか言われています。

■まとめ

このように、男女では脳の働き方にちがいがありますので、考え方がピタリと一致しなくても当然ですね。むしろ、お互いが協力し合うことで、物事をいろいろな方向から考え、よりよいアイデアが導き出せたりするかもしれません。

(35歳女性内科医/Doctors Me)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]