お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 健康美人ラボ

彼を虜にするカラダって? 女子が「愛されるカラダ」になるためにしていること・4つ

女子なら誰もが、男性が思わず触れたくなるようなカラダになりたいと思いますよね。彼にいつまでも好きでいてもらうためにも、日々のボディケアはしっかりとしたいところ。そこで今回は、女子が実践している「男性に愛されるカラダになるための方法」を聞いてみました。

■保湿でつるスベに

・「触り心地がいいように全身の保湿を心がけている。スベスベで気持ちいいとよく言われる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「保湿系のクリームを塗る。キレイな肌は健康的に見えるから」(32歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

・「つるつる素肌になるようボディクリームでマッサージをする」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

年齢とともに潤いのなくなっていく肌。それを防ぐためにも、クリームや化粧水などを使い、いつまでもすべすべな肌を作っている女子が多いみたい。ムダ毛処理もかかせませんね。

■やわらかいカラダ作り

・「体操をして引き締めつつも、まろやかな体になるようマッサージ」(31歳/不動産/事務系専門職)

・「ヨガをする。体がやわらかいほうが肉付きもいい感じになったから」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

やわらかくて女らしいカラダは男性にもモテモテ。全員がモデルのようなスレンダーなカラダを目指しているかと言われれば、そうでもないようです。

■痩せすぎない

・「必要以上に痩せすぎないように気を付けている。ガリガリよりも多少肉付きのいいほうがモテるから」(27歳/機械・精密機器/技術職)

・「健康的に痩せる。ただ細ければいいというわけではないと思うので」(29歳/学校・教育関連/専門職)

ガリガリになるまで痩せると逆に男性からは引かれてしまう、とダイエットをするにも注意していることがあるよう。肉付きのいいほうが触り心地がよくて男性からは人気がありそう。

■曲線美を意識

・「くびれを作ったり、肌をもちもちにしたいので、スキンケアをしっかりします」(29歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「胸が垂れないように気をつけている。クーパー靭帯が伸びないよう、走らないようにするとか、ジャンプしないとか、マッサージするとか」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

胸やくびれ、おしりなど、女らしい曲線は男性も大好物! きちんとケアをすることで、愛されるカラダをキープしているみたい。

いかがでしたか? みなさん、男ウケのいい魅力的なカラダを作るためにさまざまな工夫をしていることがわかりました。特に気をつけたいのは、痩せすぎず太りすぎず「女らしい」カラダを目指すということ。お正月太りが気になる女子は、今日から健康的なヘルシーボディを目指して、ダイエットをはじめてみてはいかがですか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年11月にWebアンケート。有効回答数224件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]