お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

舌を見ればあなたの健康度がわかっちゃう!―研究結果

病院に行って、お医者さんに「口を開けてあーって言ってください」と言われたことってありますよね。それは、ただ単にのどの様子を見ているのではないみたいです。

【簡単すぎる「噛むだけダイエット」のメリットがすごい】

なぜなら、舌の健康状態を見ることは体調の診断をするのにはとても大切だからです。そしてそれに目を付けたInternational Journal of Biomedical Engineering and Technologyに投稿された研究が、舌の様子をどう見れば健康度がわかるのかまとめています。

もちろん、自分で健康状態を判断するのではなく具合が悪い時はお医者さんに行くのが大切です。しかし、普段から舌の様子を見れば健康管理がしやすくなりますよね。なので、 Women’s Health Magazineが舌のどの様な所を見るべきか研究結果をもとにまとめています。

●舌のざらつきがなくなりスムーズになっている
舌はざらざらしているのが当たり前。なので、舌のざらつきがなくなっていたらB12や鉄分が不足しているのかもしれません。

●黒っぽい舌
NYU Langone Medical Centerのお医者さんによると、口の中の健康状態が悪いと心臓病のリスクが高くなるそうです。なので、舌が黒ずんでいたら口の中がとても汚いという証拠。

●舌が痛くなる
お医者さんは、なぜ舌に痛みが出るのかはまだあまりわからないみたいです。しかし、舌の痛みはストレスがたまっていたり風邪を引いた時に出やすい症状です。舌が痛い時は体をしっかり休めて。

この他にも舌の異常は様々あります。なので、自分の舌がいつもと違う様に見えたら健康に気をつけてみると良いでしょう。

参考: Your tongue is trying to tell you something important about your health
http://www.womenshealthmag.com/health/tongue-health-warnings

お役立ち情報[PR]