お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

そんなことしてたら余計に垂れる!胸が崩れる5つの悪習慣―研究結果

コラーゲンの低下はもちろん、出産や遺伝まで、胸の下垂の原因はいっぱい! けれど、胸が垂れる理由は避けられないものばかりじゃありません。

UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の最近の研究で明らかになった、胸が余計に垂れる5つの悪習慣がこちら!

■ 急激なダイエット

脂肪に大きく左右される胸のサイズ。激ヤセ、リバウンドの繰り返しは胸の皮膚に大打撃! 体重の変動は5kg未満の幅に抑えるべき。

■ 喫煙

煙草は、皮膚表面への血液供給量を減らし、皮膚の老化を早める原因。結果、普通より早くおばあちゃんの胸に。

■ 日焼け

顔にシワができるのと同じく、紫外線が胸の皮膚にも影響を与えていることをお忘れなく。水着や胸元の開いた服を着るときは、必ず日焼け止めを塗るべき。

■ 胸に合っていないブラジャー

乳房の下、側面など、きちんとサポートされていない下着の常用は危険。「ジムではスポブラ」というような安易な考えは捨てて、運動時の下着選びも慎重に。

■ 激しい運動

胸をきちんとサポートしていない状態で走ることはもちろん、連続した前後運動なども意外に胸に負担がかかるもの。揺れで痛みを感じるようなら、大打撃をくらっていると判断して。

少しでも美しい胸を1日でも長く維持するために、できるところからケアしていきたいですね。

参考:
5 Everyday Habits That Are Causing Your Boobs to Sag
http://www.womenshealthmag.com/health/boob-sagging

お役立ち情報[PR]