お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

大学生諸君、ノートは絶対手書きで!科学的に手書きの良さが証明される

IT技術が発達し、大学の授業でもパソコンを持ち込んでノートを取る学生が増えています。

【中学・高校教師の99%が、ノートの取り方と学力には関係が「あると思う」と回答!】

確かに手書きよりもはるかに速いスピードでノートが取れますし、まちがっても消しゴムを使う手間も省けます。

でも中にはかたくなに昔ながらの方法、ノートに手書きを守り通している学生もいます。彼らの多くはパソコンでタイプするよりも実際に書いたほうが学んだことが頭に残りやすいと知っているからなのです。

アメリカのプリンストン大学とカリフォルニア大学の研究によって、科学的にノートに手書きの方が頭に入りやすいということが証明されました。

実はパソコンの速くタイプできるという部分が欠点になっていたのです。

パソコンでノートを取る人は、大抵耳で聞いたことをそのまま一字一句変えることなく丁寧にタイプしていきます。

反対にノートに手書きで書く人は一字一句もらさず聞いたことを書くことは到底できません。

スピードが全く異なるからです。そのため手書き派は聞いたことをそれなりに自分の言葉で短くまとめてノートを取るのです。

そのためすでに「考える」という行為を行っているので、試験勉強のときも頭に入りやすくなるのです。

パソコンを使い始めてからなんだか成績がふるわない、何かを学んだという感覚が得られない人は昔ながらの手書きノートを試してみてはいかがでしょうか。

Proof that the pen is mightier than the keyboard
http://www.ft.com/cms/s/0/9c64094a-8121-11e4-b956-00144feabdc0.html#axzz3MJfEYXqQ

お役立ち情報[PR]