お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

知っておかないと危険!就職活動中の人がSNSでするべきこと&してはいけないこと

皆が毎日のように使っているSNS。自分の思ったことを投稿したり、好きな写真をアップしたり、コメントを残したりするなど、自分のやりたいようにやっていると思いますが、実は就職活動中の人はちょっと気をつけたいポイントがあります。

【会社の人とSNSをやってる?】

そこで、就職活動中の人がSNSでやってはいけないことや、逆にやっておくと就職活動中に役立つことを紹介します。

■やっておくべきこと

1、プロファイルを常に最新の情報にアップデートしておく

SNSは、もはや履歴書のオンラインバージョン。常に最新の情報にしておくことで、自分のやりたい仕事のオファーが来る可能性もあります。魅力的な内容で、できるだけ詳細を記載してください。

2、あなたのキャリアにとって大切な人と繋がっておく

あなたの希望の職種に就く手伝いをしてくれそうな人や、有益な情報をくれそうな人とはSNS上で繋がっておくこと。人事関係者や、あなたの希望の職に就いている人などもお勧め。自分のやりたい仕事内容などを伝えて、手助けしてもらえないか聞いてみることもできます。

また、あなたと同じ立場で面接を受けた人には、面接での質問内容を聞いてみるのも良いでしょう。

3、検索キーワードを意識しておく

リクルーターは、特定のキーワードを検索して自分たちの探している人材像をSNS上で探していきます。そこで、リクルーターのキーワード検索にひっかかりそうなワードをあなたのプロファイルにも入れるように! リクルーターの目に止まりやすくなります。

■やってはいけないこと

1、不適切な写真やコメントを投稿する

不適切な写真や批判的なコメントを投稿するのは絶対NG。特に、前の会社の上司の悪口などは絶対書かないように。投稿内容は過去まで遡って見られるので、自分の投稿履歴を隅々までチェックすること。

2、不適切な日本語を使っている

投稿する際は、正しい日本語を使うようにしましょう。不適切な日本語表現や漢字の間違いなどは、リクルーターに悪い印象を与えてしまいます。

3、自分から人と繋がろうとしない

ソーシャルメディアの目的は、「ソーシャル」、つまり社交的に人と繋がっていこうという姿勢が大切です。相手からの連絡を待つだけではなく、自分から積極的に繋がっていきましょう。友人や、希望の職種に関連したグループ、関連したブランドなどと繋がり、あなたが興味を持っていることを伝えましょう。

4、統一性がない

あなたが持っている全てのSNSで統一性を持たせることが大切です。希望職種がSNSごとで異なっているなんてことがないように注意!

参考サイト:
4 essential ingredients of an incredible LinkedIn summary
http://college.usatoday.com/2014/12/28/4-essential-ingredients-of-an-incredible-linkedin-summary/

お役立ち情報[PR]