お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

職場の雰囲気を盛り上げるコツ7つ「小さく考える」

毎日通う会社ですから、できるだけ気分よく仕事をしたいですよね。
心理学者のロンフリードマン著の『The Best Place to Work』から、職場の雰囲気を盛り上げるコツをご紹介します。

【重視するのは「職場の雰囲気」! 働く女子に聞く「次の仕事に求める条件」ランキング】

1 サイズよりも頻度が大切
例えば、年末に盛大に業績達成のお祝いをするよりも、小さく数回に分けてお祝いをすることのほうが、チームの気分を上げていくことが出来ます。

2 バラエティーを持たせることで、慣れを防ぐ
プラントモーランという会計会社では、暖かい季節にはアイスクリームを皆で食べる休憩時間が設けられているそうです。そして寒くなると、アップルサイダーとドーナツを食べる時間に変わります。楽しいことでもいつも同じではなく、たまに変化を加えることで新鮮な気分を保てます。

3 予想外の楽しみは、より大きなワクワクを届ける
会社の役員がコーヒーとお菓子を配ってくれたり、エレベーターホールでバンドが演奏していたり、ロビーに風船が飾られていたらびっくりしますよね。予想外の出来事を企画することは、職場の雰囲気を盛り上げる良いスパイスとなります。

4 体験は物より価値がある
もしあなたが、目標達成の報酬を考える立場にいるなら、現金報酬だけではなく、思い出になる体験を報酬にすることを考えてみてください。

5 香りや音楽から幸せな気分を感じる
よい香りがしたり、心地よい音楽が流れているといったことで、気分よく過ごせるかもしれません。小売店やカジノでは実際に効果が出ていますので、オフィスでも試してみましょう。

6 誠意を表す心は幸せを呼ぶ
あなたがチームのリーダーだったら、部下に惜しみない感謝の言葉をかけてください。同僚の間でも、感謝の気持ちを言葉で表すようにすることで、職場の雰囲気は、ずっと良くなります。

7 小さく考える
職場の雰囲気を良くしようと思って、大規模な企画を考える必要はありません。日々の中で、ちょっとした喜び、ちょっとした楽しみを感じられるようにしましょう。大切なのはサイズよりも頻度です。

7 Ways to Create an Extraordinary Place to Work
http://www.inc.com/peter-economy/7-ways-to-create-an-extraordinary-place-to-work.html

お役立ち情報[PR]