お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

男性はヒールを履いている女性に優しくする―2014年男女にまつわる研究

今年も様々な研究が世界中で行われましたが、あなたが気になった研究結果は何でしたか?

【妊娠にはり治療が効果的―研究結果】

今回はWomen’s Health Magazineが、そんな様々な研究結果の中から女性を痛めつける様な研究結果はどれだったかということをまとめています。

●ヒールを履いていないと男性は優しくしてくれない
Archives of Sexual Behaviorに発表されたフランスの研究で、男性はヒールを履いている女性とヒールを履いていない女性とではヒールを履いている女性に優しくする傾向があるということがわかりました。

それに加え、ヒールが高ければ高いほど男性に優しくされる確率が増えるということも!ということは、全国のフラット靴が大好きな女性は男性に冷たくされるということなのでしょうか!?ヒールを履くと足が痛いのに、ヒールを履かないと男性に優しくされないなんて女性には悲しい研究結果ですね。

●セクシーな下着を着ないと男性に興味を示されない?!
もう一つのおかしな研究は、女性が何故セクシー下着を身に着けないといけないのかという研究です。Society of Neuroscienceの会議で発表された研究では、なぜ男性がセクシーな下着を好むのかということを研究する為にネズミで実験を行いました。

この実験では、男ネズミ達にネズミ用の下着を付けたメスネズミと裸のメスネズミを会わせて男ネズミがどちらのネズミを好むかということが分析されました。
その結果、なんと男ネズミもセクシーな下着を付けたメスネズミを好んだのです!
つまり、ネズミさえ下着を好むので人間はもちろんセクシー下着を着なければならないということですね。

この様に、女性に関する変な研究は毎年行われています。また、National Institute of Health は研究者に「助成に関する研究」には1000万円も追加で研究費を与えると発表したばかり。

2015年はどんなおかしな女性をターゲットにした研究が行われることやら。

参考: 3 times science hated women in 2014

http://www.womenshealthmag.com/life/research-hating-women

お役立ち情報[PR]