お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

科学が証明:辛いものが好きな男性は男らしい

男らしい彼を見つけたかったら、辛い食べ物を好きかどうか観察してみるといいかも。

【ゲームキャラクターで最も男らしいのは!?1位「マリオ」】

フランスのグルノーブル大学がPhysiology and Behaviorに発表した研究論文によると、辛いものが好きな男性は、体内のテストテロンのレベルが高いという結果が出ています。
テストステロンは、精力や、大胆な行動と関連するホルモンです。このホルモンが多いということは、より精力的で競争を好む、男性的な特徴が現れるということになります。

実験では、18歳から44歳の114人の男性にマッシュポテトを提供し、好きなだけ辛いソースや塩をかけて食べさせました。その後、唾液中のテストステロンを測ると、辛い味を好んだ人のほうが、マイルドな味を好んだ人よりも高い数値が出ました。

辛い食べ物とテストステロンのつながりは証明されましたが、その原因はよくわかっていません。

研究者は、遺伝子要因、生理的要因、心理的や社会的な影響力など、様々な要素が辛い物を好むことに影響を与えていると記しています。

いかがでしょうか?

2013年には、赤を好む人は青を好む人よりもテストステロンのレベルが高いという研究結果も出ています。

男らしい男性がタイプだったら、赤い服を着て激辛カレーを食べている男性がいたら、要チェックですね。

Science Tells Us Men Who Like Spicy Food Are More Manly
http://www.techtimes.com/articles/22600/20141219/science-tells-us-men-who-like-spice-food-have-more-testosterone.htm

お役立ち情報[PR]