お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

意外な事実:人間の遺伝子は割と魚に近い

科学者が、人間の健康に関する研究をする時、マウスや魚、ミバエなどを使って実験をします。

【飲み過ぎた~の~は~・・・遺伝子のせい―英大学が「酒好き遺伝子」を発見】

その理由は、これらの動物が人間に近い遺伝子を持っている為です。

ほ乳類のマウスは、何となく想像できますが、魚やハエの遺伝子が人間に近いなんて不思議な感じがしませんか?

ナショナルジオグラッフィックのデータを元に、ジシャイエバーズ氏が人間の遺伝子と他の動物の遺伝子の類似性をグラフにまとめています。その数値は次の通りです。

【人間の遺伝子との類似性】
チンパンジー 90%
マウス 88%
牛 85%
犬 84%
ゼブラフィッシュ 73%
カモノハシ 69%
チキン 65%
ミバエ 47%
ミツバチ 44%
回虫 38%

いかがでしょうか?

私達人間は、ありとあらゆる他の生き物と同じ遺伝子を沢山持っています。

そのおかげで他の動物を使った実験を通して、人間の遺伝子について学ぶことが出来るのです。

そしてゼブラフィッシュが持つ遺伝子の73%は、人間にも見られます。

人間が遺伝子上、チキンよりも魚に近いなんて意外ですよね。

You’re more related to fish than you think
http://www.vox.com/2014/12/19/7418155/genes-common

お役立ち情報[PR]