お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

体重をよく測る人ほど体重が減る傾向がある―フィンランド研究

ダイエットをしている皆さん、どのくらいの頻度で体重計に乗っていますか?毎日?3日に一回?それとも一週間に一回?PLOUS ONEで発表された、フィンランドのタンペレ工科大学のエリナ・ヘランダー氏 率いる研究チームの最近の研究では、より頻繁に体重計にのる人ほど体重が減り、1週間以上体重を測らないと体重が増える傾向がある事が判明しました。

【超安上がり!!だけど効果大!食前に水2杯でやせ効果「平均1.8kgの体重減」】

この研究は、体重の減少を個人的目標や関心事であるとした40人の肥満の人(BMI指数が25以上)を対象にし、最大一年間の体重測定の結果、2383件のデータを分析しました。その結果、研究者たちは対象者たちの体重を測る頻度が体重減少の度合いと関係があることを発見しました。

もちろん、この相互関係だけでは因果関係を証明することはできません。というのは、体重の減少を深刻に考えており、運動や食事に気をつけている人が、ただ単に体重をよく測るだけなのかもしれないからです。しかし、この発見は頻繁に体重を測ることは、ダイエットに対するモチベーションを高め、体重維持に役立つ可能性があることを示唆しています。

研究チームはまた、体重を増やすことなく体重を測る頻度の平均期間は5.8日から1週間であることを発見しました。これは、少なくとも平均で約1週間ごとに体重を測ることで、体重が増えない傾向があることを意味しています。

体重を減らしたいなら、できるだけ頻繁に体重を測ることがダイエット成功への鍵となりそうですね。さぁ、今すぐ体重計をあなたのそばに準備し、お正月太りを回避しましょう!

参考:
People Who Weigh Themselves More Lose More Weight
http://nymag.com/scienceofus/2014/12/those-who-weigh-themselves-more-lose-more-weight.html

お役立ち情報[PR]