お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

「絶対プロポーズして欲しい!」女性側からの度が過ぎたアプローチにドン引き 破局したカップルの実例

なかなか煮え切らない彼に、早くプロポーズして欲しい。そんな乙女心はもしかして世界共通なのかもしれません。ニューヨークポストに掲載された、「度が過ぎたプロポーズのおねだり」の失敗例4つをご紹介します。

【煮え切らない彼に”結婚”を決意させる7つのスイッチとは?【動画】】

■Facebookのステータスを勝手に「婚約中」に変えられた

ブライアンさん(33歳:アナリスト)の場合:ブライアンさんには5年前、付き合って2年、同棲して1年になる彼女がいました。なんとなく結婚は意識していたものの、具体的な日付等の話はしておらず、もちろんプロポーズもまだでした。

ところがある日、職場にいたブライアンさんの携帯に、矢継ぎ早にメールが。見てみると「おめでとう!」というメッセージばかり。なんのことか分からずFacebookをチェックすると、彼女がFacebookのステータスを勝手に「婚約中」に変えていたそうです。

電話をして問いつめたら、彼女は「もうそういう話は出始めていたのだから、Facebookで”正式”にして、詳しいことは後で決めたら良いかと思って」とのこと。Facebookはその日のうちに元に戻したそうなのですが、気まずいことに共通の友達がそれを見て「あの人たち婚約破棄したんだ」と憶測したこと。

でも実際3ヶ月後には別れてしまったそうです。外堀から無理に埋めようとしたのがあだになったようです。

■ママと結婚?

ケヴィンさん(28歳:建築家)の場合:3年前、当時付き合ってた彼女から、ちょっと高級なバーで会いたいとメールが。ちょうどその月が誕生日だったケヴィンさん、誕生日のサプライズかな、と思って行ってみると彼女はおらず、そこに居たのはなんと彼女のお母さん。

そして座ったとたん、突然バッグから箱を取り出して見せ、中には彼女のお祖母さんのものだという婚約指輪が。「あなたにそろそろ渡さなきゃと思って」まるで彼女のお母さんにプロポーズされているかのような状況。しかもお母さんが「お祝いしなきゃ!」と無理矢理シャンパンまでオーダー。

その後も彼女のお母さんから「いつ渡すのか」というチェックが何度も入り、結局1年ほどで別れたそうです。とんだサプライズだったようですね。お母さんから「うちの子と結婚してちょうだい」と迫られる・・・ちょっと怖いかも。

■○○夫妻さま?

サムさん(40歳:グラッフィク・デザイナー)の場合:サムさんは、4年前当時つきあっていた彼女とメキシコの高級リゾートへ旅行に。するとチェックイン時に「ご結婚おめでとうございます」とホテルのスタッフに口々に言われ、ウェルカムシャンパンまで出てくる。

実は彼女が「新婚旅行なんです」と言ってホテルを予約したことが発覚。「ハネムーンだと言えば色々サービスしてもらえるかと思っただけ」と言ったものの、結婚を意識して欲しい彼女の本心は見え見え。しかも滞在中はずっと「〇〇夫妻」と呼ばれ続け、かえって気まずい雰囲気に。

その時点で、2人に結婚はないな、ということが分かってしまい、別れたそうです。彼女は「本当の○○夫妻になろう」と言って欲しかったのでしょうか。本心を見透かされて裏目に出てしまったパターンですね。

■教会からの「祝福の祈り」という名のプレッシャー

ポールさん(27歳:エンジニア)の場合 去年の夏、彼女のご両親に会いにいったとき、一緒に教会に行こうと誘われて了承したポールさん。教会の牧師さんが祝福を述べる中、突然「ポールとXXX(当時の彼女の名前)、近々婚約する2人にもどうか祝福の祈りを」と言い出してビックリ。

彼女曰く、そんなことを言われるなんて知る由もなかったそうですが、その夏の終わりに2人は別れることに。別れの理由は色々あったそうですが、やはりポールさんには彼女が望むようにまだ婚約するつもりがなかったことが大きかったそうです。

教会からの祝福・・・逃げ場が無くなる感じがします。

女性をここまで追い込むのは、男性の態度なのか、それとも2人の温度差なのか。親や教会など第三者まで巻き込むと、その強引さに男性は逆に引いてしまうのかも。そうなる前に、まずは2人でしっかり話し合いが出来るのが理想的ですね。

参考記事
Demanding a marriage proposal can fail spectacularly
http://www.news.com.au/lifestyle/relationships/demanding-a-marriage-proposal-can-fail-spectacularly/story-fnet09y4-1227168273209

お役立ち情報[PR]