お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

意外なデータ!親がGoogleで検索する内容は息子か娘かでこんなに違う

「わからないことはひとまずググってみよう。」

【○○は任せて! 男性が「結婚したらすすんでやりたいと思っていること10」】

オンライン検索として人気の高いGoogleですが、人々は一体どんな事を検索しているのでしょうか?

NY Times紙のSeth Stephens-Davidowitz が行ったリサーチによると親が「男の子に関して検索するのは知能に関して。女の子に関して検索するのは外見に関して。」という興味深いデータが取れた模様。

男女平等に…と世間の流れは動いていますが、やはりまだまだその間には大きな溝があるようです。

実際のデータによると「Gifted Program」と呼ばれる「賢い子供が入るプログラム」に入る可能性は男子より女子の方が11%高いのですが、親の意識は「息子は賢いか」に集中する傾向にあり、10人の親が「うちの娘は賢い?」と検索したとすると、「うちの息子は賢い?」と検索する親は25人と2倍以上の割合だそうです。

反対に、女の子を持つ親の心配はその子の体重を中心とした外見に集中しています。実際には女の子より男の子の方がぽっちゃり傾向が若干強いのですが、「うちの息子はぽっちゃり?」という内容の検索をする親が10人いたとすると、「うちの娘はぽっちゃり?」と検索する親は17人と明らかに多いそうです。

女子の大学進学率も上がり、社会への進出もますます期待されるこれからの未来。男子は知能、女子は外見という考えは是非捨てて、いろいろな可能性に女子がチャレンジしていける世の中になると良いですね。

参考:
What Parents Most Commonly Ask Google About Their Kids
http://www.businessinsider.com/what-parents-google-about-their-kids-2014-12

お役立ち情報[PR]