お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

あなたを太らせるのはこの4種類―「7人以上の同僚と一緒にでかけると、一人の時より2倍近い量の食べ物を食べてしまう」

一人で食べる食事より誰かと食べる食事の方がなんと3割も多く食べてしまう傾向にあるって知っていましたか?

【たるんだカラダをスッキリさせる! ぽっちゃり返上プログラム<お正月太り解消>】

確かに一人だとサッサと済ませる食事も、誰かと一緒だとおしゃべりに夢中でたくさん食べたり、ちょこちょこツマミながら何時間も食べ続けたりしてしまいますよね。

「ダイエトに成功しない…」と嘆いているあなた。実は恋人(夫)、子供、友達、同僚…実は身近なあの人があなたのダイエットが成功しない理由なのかもしれません。

そこで今回は上記4人それぞれがあなたを太らせるその理由と、どうやったら上手くそれをかわせるかを紹介したいと思います。

●恋人(夫):恋人や夫が丸めの人は自分も丸くなってしまうチャンスがなんと37%も高くなってしまうんだそう。科学者によると「環境の共有」によって起こるこの現象は、「食べ物の保存場所を二人で別の場所にする」「食事を大皿で食卓に盛らず、キッチンで自分で食べたい分を取り分ける」などして、自分の食べる量をしっかり自己管理することが大切です。

●子供がいない女性といる女性を比較した際に、子供がいる女性はなんと平均400キロカロリーも1日のカロリー消費量が多い傾向にあります。「学校から帰宅後のオヤツの時間に自分も一緒に食べない。またはナッツやヨーグルトなどヘルシーなものにする」「子供の晩御飯はパスタでも、自分は茹で野菜にソースをかける」など、工夫してみましょう。

●あなたの中のいい友達がポッチャリめの場合、あなたもポッチャリしてしまう可能性はなんと57%まで上がってしまいます。ちょっとした食事や飲みの場合も、「ヘルシーなものが食べたいな」「サラダを一緒に頼まない?」など相手のペースにハマる前にあなたがリードしてあげましょう。

●会社のランチやディナーに7人以上の同僚と出かけると、なんと一人の時より2倍近い量の食べ物を食べてしまうそう。確かにみんなでワイワイと食べていると、自分が今どれだけ食べたかをしっかり把握するのが難しいですよね。

座ったらメニュー全体に目を通し、何をどれだけ食べるかの戦略を練りましょう。

好きな人との楽しい食事がまさか食べ過ぎの原因になることがあるなんて…とちょっとショックですが、これからはちょっと意識してみたいポイントですね。

参考:
4 People Who Might Be Making You Fat
http://news.health.com/2014/12/26/4-people-who-might-be-making-you-fat/

お役立ち情報[PR]