お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

パトカーを運転するにはどんな「免許」が必要なの?

交通安全期間になると、あちこちでパトカーを見かけます。たまにサイレンを鳴らして何かを追いかけるパトカーもみかけますね。あのパトカー、運転するにはどんな免許が必要なのでしょう? 普通免許だけでは運転できないのでしょうか?

【制服がブカブカな警察署長!?福井県の可愛すぎる一日警察署長が話題に】

■普通免許にプラスして

パトカーといえど自動車ですから、普通免許は必須です。ただし、パトカーはマニュアル車がほとんどのため、オートマ限定免許では意味をなしません。そして、免許を取得して2年以上経過しないといけません。さらに、危険を冒さず現場へ急行したり不審車両を安全かつ迅速に追いかけるための訓練を行います。

そして試験を行い合格したものがパトカーに乗ることができるのです。

■厳しい訓練内容

どんな相手に対しても迅速に対応する必要がある警察官は、優秀な運転テクニックを求められます。相手が暴走したり、逆走して体当たりして振り切ろうとするかもしれません。そういう相手でも対応できるテクニックを習得すべく、警察官は日夜訓練を行っているのです。

例えばスラローム走行というジグザグに走る訓練。誤って袋小路に入ってしまったときを想定して、バックしながらスラローム走行できるよう訓練もします。また、急に側面から人や車が飛び出してきても迅速に停止できるよう急停止の訓練や、冬の雪道やアイスバーンでも安全に走る訓練、逆にわざとスリップをさせ、そんな場合でも安全にパトカーを走らせる訓練なども行うのです。

■白バイは?

逃走犯を追いかけるというと、パトカーの他に白バイがあります。白バイを走らせる場合は、大型二輪免許もしくは普通二輪免許が必要です。こちらも免許を取得して2年以上経過している必要があります。また、パトカーと同じように厳しい訓練が待っています。

■運転以外の必須訓練

パトカーにしろ白バイにしろ、運転技術以外にもいろいろな訓練を必要とします。例えば心肺蘇生法やAEDの使い方、柔道や空手などの技を組み合わせて作られた「逮捕術」という武術の習得、不審車両や人物の見抜き方なども必要な訓練です。

それだけの技能を習得してこそ、パトカーに乗る資格を得られるのです。

日常私たちの安全を守ってくれる警察官。そんな彼らが乗るパトカーは、普通の人の運転技量では太刀打ちできない能力を必須とします。お疲れさまです、と心のなかで呼びかけていきたいものですね。

お役立ち情報[PR]