お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

今すぐストップ!歯によくない5つの食品「すっぱいフルーツジュース」

歯は一生もの!

【ずっときれいな歯でいたいから…!おウチでできる、オーラルケアアイテム最新情報】

大切な歯の健康を維持すべく、歯によくないなるべく避けたい5つの食品とその対処法について、フランス歯科医兼歯科口腔健康協会UFSBD代表Christophe Lequartによるアドバイスをご紹介します。

1.エナメル質を襲うお砂糖たっぷりのお菓子

ポテトチップス、チョコレートケーキ、クッキーなど、砂糖の形態に関わらず、糖分の多い食品は虫歯の原因になります。もともと口内にいる細菌が、糖分を摂取・分解して酸を出し、エナメル質を溶かしてしまうのです。

この過程を虫歯の原因である「脱灰(だっかい)」といいます。

この脱灰とは、歯の表面からミネラル成分のカルシウムやリンが溶け出す状態のこと。飲食するとプラーク(歯垢)中の細菌が酸を作り出すために起こる現象です。

対処法:
とにかく、水を飲むこと!水を飲むことで、歯の表面に残った食べカスを流すことをできるからです。

2.危険!危険!べったり張り付くキャンディー類

キャラメル、チョコレート、ドライフルーツなど、お砂糖がたっぷりな上に、歯にべったり張り付く飴類は本当によくないです。1と同じく、口内は酸性になり、歯の表面が溶けて、、虫歯になる可能性が大いにあります。

対処法:
朝晩の歯磨きを欠かさないように!さらに、歯を磨いた後は、歯間ブラシやデンタルフロス(糸ようじ)を使うことをお薦めします。

3.お口爽やかミントキャンディーも危険!
口内も吐息も、す-っと爽やかにしてくれるミントキャンディーも糖分が多く含まれています食品です。前述の通り、虫歯の大いなる原因になります。

対処法:
同じ甘いでも、砂糖が含まれていない飴類を選びましょう。

4.もとからすっぱいフルーツジュースは酸が強い

ソーダや柑橘系のジュースは、歯の侵食の原因になる酸が強い飲料です。

対処法:
ソーダを飲むなら、ライトを。こういったジュースが好きなら、歯に少しでも当たらないようにストローで。飲んだ後は、水で口をゆすぐこと。

5.あなたの魅力が半減に・・・、歯が黄色くなってしまう飲み物
ニコッと笑った時に黄色い歯では、魅力ががた落ち・・・。コーヒー、お茶類、赤ワインなどは、歯に沈殿物を残してしまう飲料です。

対処法:
といわれても・・・、暮らしに欠かせない飲み物ですね。飲んだ後は、水でゆすぎましょう。そして、最低でも20分は待ってから歯を磨きましょう。

参考リンク
5 aliments dangereux pour vos dents
http://www.medisite.fr/5-aliments-mauvais-pour-les-dents.733032..html

お役立ち情報[PR]