お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

食べるものを変えないで、体重を減らす方法

ダイエットは食事制限やヘルシーな食べ物を食べることが基本だと思います。でも、毎回毎回ヘルシーなものを食べるのは、結構ツライですよね。そんなダイエットに悩んでいる世の女性達に朗報です!今食べているものをわざわざヘルシーなものに代えなくても、食事のスケジュールをきちんと整えれば、体重の減少に大いに効果があるそうです。

【成功したダイエット方法は?ニッセンの「ダイエット」調査!】

そのために鍵となるのは、「食事のタイミング」だそうです。

アメリカの栄養士によると、食事のタイミングは体重を管理するために非常に重要な役割を果たしており、体重を減少させるには、一日を通して体に食物を与える必要があるそうです。

ですから、朝食を抜くことはダイエットの選択肢にはないそうです。睡眠中の7時間~8時間程度の空腹状態の後は、体の中の血糖とグリコーゲンと呼ばれる貯蔵糖の蓄えは低くなっています。これは何か食べ物を与えるまで続くそうです。

そのため、あなたの体は食べ物が不足しており、エネルギーを保存する必要があります。逆にこれをしないと、一日のエネルギー消費量が低下してしまうからです。ですから、朝食を食べることは重要だそうです。栄養士によると、起きてから1時間以内に食べ物を体内へ取り入れることがお勧めだそうです。

その後は少なくとも3~4時間は間隔を空けて食事をすることで、インスリンの急上昇を防ぐことができるそうです。インスリンが急上昇すると、血糖を脂肪細胞へと直接先導し、代謝が低下したままになってしまうそうです。

また食事でいったん上がった血糖値は3時間程度経たないと下がらないそうです。

さらに、食事の回数も重要だそうです。というのは、特にたんぱく質の摂取が筋肉を作る量に影響するからです。筋肉が増えると、同様に基礎代謝量も上昇します。アメリカ栄養士会は、除脂肪量を上昇させるためには、20~30グラムの高品質のたんぱく質を運動の後と、起きている間の4時間毎に摂取することを勧めています。

いかがでしたか?これらのガイドラインに従えば、代謝を良くするだけでなく、血糖値のバランスを保ち、また過剰な脂肪を増やすことを防いでくれるそうです。まさに良い事だらけ!このダイエット法なら無理なく続けられる気がしませんか?

参考:How to Lose Weight Without Changing What You Eat
http://www.womenshealthmag.com/weight-loss/lose-weight-without-changing-what-you-eat

お役立ち情報[PR]