お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

脳は1日35,000回、意思決定処理をしている―スマートな意思決定をするには?

小さなことから大きなことまで、何を決めるにもグダグダ悩んでしまう、そんな優柔不断な自分に辟易してる、なんてことはないですか?

【早く決めて!優柔不断な人を決断させる言葉や行動―「~がいい」とはっきり言う】

疲れてしまいますよね。私たちはもっと自分の脳を労ってやるべきです。

人は一日に28800回瞬きをするそうですが、脳は35000の意思決定処理をしているそうなのです。

そんな脳を少しでも休ませてあげるために、ここで、スマートな意思決定をするヒントを5つあげてみます。

1、コインを投げる
自分が望んだことと反対の方のコインの面が出ても、たまにはそれに従ってみるのもいいかもしれません。

2、スプレッドシートを作成
論理的な方法で、長所と短所をしっかり区別、比較することができます。

3、ガンジーになれ
賢者として自分自身を想像し、自分に問いただしてみましょう。感情を切り離すのに役立ちます。

4、考えていることを大きな声に出して言ってみる
もし、キャリアを変えることを考えているのなら、どんな仕事が良いのか大きな声で口に出してみることです。馬鹿らしく思えるかもしれませんが、やってみる価値はあります。

5、「ビヨンセだったら、どうするかな?」と自分に聞く
2014年の世界で最もパワフルなセレブは間違った選択で人生に勝つわけないのですから。
たまには、いつもの自分から離れてみるのもいいですね。

Are you suffering from decision fatigue?
http://www.elle.com.au/news/zeitgeist/2014/11/decision-fatigue/

お役立ち情報[PR]