お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

新トレンド!牛乳不使用で美味しい「ミルク」が作れるレシピ4―「スイートアーモンド&バニラミルク」「ライスミルク」など

ミルクといえば、乳牛やゴートなどの動物から取れる牛乳のことだと思われがちですが、新たに注目を集めているのが「牛乳不使用の自家製ミルク」!

【牛乳は身体に悪い?「健康のための牛乳」の賛否両論説が話題】

ナッツやビーンズ、種などの植物性由来の材料を使ってミルクを手作りする人が急増中で、これから大ブームの予感です。

著者であり栄養士、そしてウェブサイト「Changing Habits」の創設者でもあるシンディー・オミーラ氏は、牛乳の品質低下や、乳牛の健康状態、乳牛のエサの質、牛乳の製造過程の問題により、牛乳アレルギーや牛乳をうまく消化できない人がどんどん多くなってきていると話します。

その結果、「牛乳の代替品」を選ぶ人が増え、その方が消化しやすいと考えている人が多いのが事実。ところが、市販の「牛乳の代替品」の原材料には心配な添加物が含まれていることも。

そこで、シンディーがお勧めするのは自宅で「ミルク」を手作りすること! 以下に紹介するレシピは意外と簡単にできちゃうので、ぜひ作ってみてはいかが?

1、スイートアーモンド&バニラミルク

アーモンドは抗炎症性があり、高い抗酸化作用のビタミンE、カリウムも豊富な健康食材。

■材料(500ml分):

アーモンド1カップ(一晩水につけておき、水洗いしておく)
ろ過水500ml
塩ひとつまみ
デーツ1~4粒(柔らかくなるまで水で戻す)
バニラエッセンスまたはバニラパウダー大さじ2

■作り方:

材料を全てブレンダーに入れてなめらかになるまでよく混ぜる。それをナッツミルクバッグ(こし器や水切りネットなどでも可)で漉せば出来上がり。ガラスの容器に入れて、冷蔵庫で3日間程保存可能。

■楽しみ方:

そのまま飲んでも美味しいですが、ホットドリンクやスムージー、アイスクリームにするのもお勧め。また、普段のレシピの中で牛乳の代わりとしても使えます。

2、ライスミルク

ビタミンEとマグネシウムが豊富なので心臓に良い健康ミルク。また、ミネラルも豊富なので免疫力を高めてウイルス性の病気感染を防ぐ効果も。

■材料(350-400ml分):

炊いた玄米2カップ
塩ひとつまみ
ろ過水500ml
お好みで下記いずれかの甘みをプラス
-バニラエッセンスまたはバニラパウダー小さじ2
-ココアパウダー大さじ2
-はちみつ大さじ3
-シナモン小さじ1
-デーツ2~4粒

■作り方:

材料を全てブレンダーに入れてなめらかになるまでよく混ぜる。それをナッツミルクバッグ(こし器や水切りネットなどでも可)で漉せば出来上がり。ガラスの容器に入れて、冷蔵庫で3日間程保存可能。

■楽しみ方:

アレルギー源となる材料は使用していないので、豆乳やナッツ、牛乳アレルギーの人にはぴったりのミルク。

3、パンプキンシードミルク

パンプキンシードはミネラルやマグネシウム、鉄分や亜鉛が豊富で、幸せ物質「セロトニン」を作るアミノ酸トリプトファンも含まれているので健康には欠かせない食材。

■材料(350-400ml分):

パンプキンシード1カップ(一晩水につけておき、水洗いしておく)
ろ過水500ml
塩ひとつまみ
お好みで下記いずれかの甘みをプラス
-バニラエッセンスまたはバニラパウダー小さじ2
-ココアパウダー大さじ2
-はちみつ大さじ3
-シナモン小さじ1
-デーツ2~4粒

■作り方:

材料を全てブレンダーに入れてなめらかになるまでよく混ぜる。それをナッツミルクバッグ(こし器や水切りネットなどでも可)で漉せば出来上がり。ガラスの容器に入れて、冷蔵庫で3日間程保存可能。

■楽しみ方:

スムージーとして飲んだり、料理やスイーツ作り、チョコレートミルクにして飲んでみて。

4、クリーミーカシューナッツミルク

カシューナッツはアミノ酸が豊富に含まれ、消化機能を良くする効果がある他、幸せ物質「セロトニン」を作るアミノ酸トリプトファンも含まれています。マグネシウムも豊富で、心臓の働きを良くする抗炎症性オレイン酸も含まれていて、体に嬉しいメリットがたくさん。

■材料(1.2リットル分):

生カシューナッツ100g(できれば、2カップの水に一晩つけておき水気を切る)
ろ過水600ml
デーツ2粒、あるいはピュアメープルシロップまたははちみつを少々
お好みで、バニラエッセンスまたはバニラパウダー小さじ1

■作り方:

材料を全てブレンダーに入れてなめらかになるまでよく混ぜる。漉す必要は無し。ガラスの容器に入れて、冷蔵庫で1週間程保存可能。

■楽しみ方:

スムージーに加えてとろみをつけたり、ホットチョコレートに加えればよりリッチな味わいに。

さらに、シンディーは自家製ミルクを作った後の漉したミルクの残りかすも再利用!捨てずにスムージーに入れるか、パンケーキやケーキ、クッキーなどのお菓子に加えて焼くなどして活用するのがお勧め。

自宅で簡単に作れて、体に嬉しい栄養素がいっぱいの自家製ミルク、ぜひ作ってみてはいかが?

参考サイト:
Make your own milk – no cow required
http://www.bodyandsoul.com.au/nutrition/nutrition+tips/make+your+own+milk+no+cow+required,34213

お役立ち情報[PR]