お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

87.7%の女子が「笑って流す」派! 飲み会で下ネタが出たときの対処法とは?

飲み会が進み、「宴もたけなわ」になってくると、出てくる下ネタ。女子会ならまだしも、男性が同席する場で「下ネタ」を振られるとちょっときつい! ですよね。こんなとき、みんなはどうしてるの? 働く女子に下ネタ対処法を聞いてみました。

Q.あなたは、飲み会で下ネタの話題が出たとき、どう振る舞いますか?

「笑って流す」87.7%
「ノリノリで食いつく」12.3%

「笑って流す」で対処している女子が、9割近くということが判明。では、それぞれのエピソードを聞いてみましょう。

<笑って流す派>

■引きの姿勢で笑っておけば、自然に下ネタをやめてもらえる

・「聞いている分には笑えるのでニコニコ聞いているが、自分からは話さない」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「『え〜ははははは』というカラ笑いをする。恥ずかしがったりなどの反応がないと、相手も話してもつまらないと思って、けっこう早くやめてくれる」(27歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

「その手の話題には乗りません」という姿勢を示しながら、一応その場に参加する姿勢を見せておけるのがこんな方法。カラ笑いやニコニコ笑顔で、下ネタを遠くから傍観する。これが一番無難かもしれませんね。

■誰かに助けを求める

・「自分に話がふられない限り黙っておくor笑っておく。話をふられたら、大きな声でほかの人に助けを求める。『○○さんがこんなこと聞いてきます!』みたいな」(25歳/学校・教育関連/その他)

角が立たないようにしながら下ネタを制止したいなら、まわりに助けを求めるのが効果的なよう。下ネタがエスカレートして止まらないときや、返答に困る下ネタをふられたときの「必殺技」として持っておくといいかも?

■空気になる

・「話をふられても困るので、とりあえず曖昧な笑いを浮かべたまま空気と化す」(24歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「とりあえず傍観者」(31歳/学校・教育関連/営業職)

女子少数の場だと通用しないかもしれませんが、女子が大勢いるなら「空気」になるのが一番。じっと身を潜ませて、下ネタの嵐が過ぎるのを待ちましょう。

<ノリノリで食いつく派>

■ノリノリで食いつきながら、黙らせるにはコレ

・「さらにエグいネタでかえす」(29歳/生保・損保/事務系専門職)

・「突っ込んでちがう話題にする」(25歳/学校・教育関連/専門職)

・「なるべく付き合うようにしている。そのせいで女性として見られない」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

男性陣をドン引きさせる可能性はありますが、「今すぐ黙ってくれ!」と思うときは逆に突っ込んでしまうほうがいいという意見も。ただし翌日、あなたを見る男性の目が変わる危険性もあるため、くれぐれもやりすぎにはご注意を。

女子会でちょっと触れる分には楽しい下ネタですが、男性もいる場所だと、どう対処していいかわからないことも多いもの。あなたは、飲み会で下ネタの話題が出たとき、どう振る舞いますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年10月にWebアンケート。有効回答数251件(22歳〜34歳の働く女子)

お役立ち情報[PR]