お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

アナタは間違っているかも―意外と知らないお中元・お歳暮の贈り方「1度限りで贈るのは失礼」

お世話になっている相手へ感謝の気持ちを込めて贈り物をする日本の習慣、お中元とお歳暮。現代では簡略化された部分もありますが、いざというときにマナーについて覚えておいて損はないはずです。今回は基本のマナーを確認しておきましょう。

【どこまでこなす必要がある? 家族イベント】

■お中元・お歳暮を贈る時期と、遅れてしまった場合

贈る時期には地域差があります。受け取る人の地域ではいつ頃なのか、あらかじめ確認できるなら聞いておきましょう。一般的には、お中元は7月初めから15日頃まで、お歳暮は12月初めから20日頃までとされています。

関西ではお中元を8月初めから15日頃までに贈る習慣もあります。

年内に届けられないお歳暮は、表書きを「御年賀」にして松の内(1月7日)までに贈りましょう。松の内を過ぎれば「寒中御見舞」として立春(2月4日頃)までに贈ります。お中元は、立秋(8月7日頃)までなら「暑中御見舞」(目上の人には「暑中御伺」)、立秋を過ぎれば「残暑御見舞」「残暑御伺」として贈ります。

■お中元・お歳暮の気になるマナーあれこれ

・両方贈らなければいけない?

お中元とお歳暮ではお歳暮の方が重要な意味を持つとされています。どちらかだけ贈る場合はお歳暮にしておけば問題ありません。

・一度贈ったら贈り続ける?

基本的にはお世話になっている方に毎年贈るのは当たり前のことです。と言っても、お付き合いが疎遠になっている場合は贈られる側も気兼ねしてしまうものです。3年、7年など区切りの良い時期にやめても構いません。ただし1度限りで贈るのは失礼にあたります。

・お返しやお礼状、挨拶状は?

本来は正式な挨拶をして手渡しするのが正式です。現代では百貨店などから郵送することが多いですが、挨拶なしで送りつけるのは失礼です。品物が届く前に挨拶状を送りましょう。また、いただいたらお返しは不要です。お礼の気持ちと、品物が届いたことを相手に知らせるため、お礼状を出しましょう。

関係性によっては電話で済ますこともありますが、迷うくらいであれば挨拶状、お礼状を出した方が良いでしょう。

・金額の相場は?

どちらも3千円から1万円の無理のない範囲で贈ります。ただし、「先生」と呼ばれる職業の方に贈る場合は、受け取りを禁止されている場合があります。相手に迷惑をかけてしまうことになるので、あらかじめ確認しておきましょう。

お中元とお歳暮は、確かに面倒な面があります。一方、選ぶ楽しみ、贈られる楽しみもありますし、子どもにとっては家族同士の付き合いを学ぶ機会でもあります。一度身につけてしまえば困らないマナーなので、是非覚えておきましょう。

お役立ち情報[PR]