お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

どこまでやるべき? 男性が思う、妻が果たすべき役割3つ「家事と子育て。自分にはできないから」

結婚するということは、夫婦がそれぞれの役割をきちんと果たさないと家庭がうまくいかないものですよね。では、夫婦それぞれに必要とされる役割とは何でしょうか? 今回は、男性が考える「妻の役割」について、男の本音を聞いてみました。

■家庭を守る

・「家のことが円滑にまわるようにする。女性が持つ特有の機能だと思う」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「家を守ってほしい。男は外で働くので家を守っていてほしい」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

男は外で働くもの、女は家庭を守るものというのは少し古い考えのようですが、まだまだそのように思っている人は少なくないということですね。自分が仕事でいない間の家のことは、すべて妻に任せても安心と思わせるような妻が理想ということでしょう。

■家事・育児

・「家事と子育て。自分にはできないから」(32歳/金融・証券/専門職)

・「家事全般。男が働きに出ていると仮定してだが、それなら家のことをやるのが当たり前」(26歳/通信/技術職)

男性にはできない家事・育児が妻の役割と考える人も多いですね。共働きにしても専業主婦にしても、家事や育児などは妻にしてもらわないとどうしようもないと感じているのでしょうか。

■夫のサポート

・「夫が安心して帰って来られる家庭を作る」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「夫が家に帰ったときに安心してくつろげる環境を作ること」(37歳/通信/技術職)

・「夫が元気で仕事に行けるようにバックアップすること。叱咤激励なり、黙って支えるなり」(35歳/機械・精密機器/営業職)

妻は、夫の癒しであり、支えであってほしいと願う男性も。安心して帰れる家、帰りたいと思う家をつくってくれるような妻がいてくれれば、仕事に対する励みにもなるようですよ。

好きな人と結婚したとしても、一緒に生活していくには大変なことも多いはず。それぞれの家庭に夫婦の役割があるのでしょうが、一番大事なのは自分の役割を果たしたうえで、相手の役割についても尊重、理解するということなのでしょうね。あなたは、「妻が果たすべき役割」とは何だと思いますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年10月にWebアンケート。有効回答数111件。22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]