お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

狭い部屋をうまく利用する6つのコツ「カーテンで隠す」

狭い部屋やキッチン、でも収納しなくてはいけないものもたくさんあって困る。縦型の収納やクローゼットを完璧に整理するなど、小さな部屋を素敵に見せる6つのコツを紹介しましょう。

【ラクしてキレイな収納は、見せる? 隠す?】

1 ベッドの下のスペースを使う
小さなアパートでは、ベッドの下のスペースも貴重です。引き出しがついていたり、衣装ケースが置けるなど、下になるべくたくさん収納できるタイプのベッドを選びましょう。

2 クローゼットを有効利用する
クローゼットがある場合は、きちんと整理整頓してなるべくたくさんのものを収納しましょう。シーズンオフのものは棚の上や奥にしまい、オンシーズンのものだけを外に出すようにすると、クローゼットがうまく使えます。

クローゼットの中に灯りをつけるとよく見えていいですよ。

3 縦のスペースを利用する
棚はなるべく高さがあり縦のスペースを利用するものを選びましょう。そうすれば、部屋の余分なスペースを取らずにものを収納することができます。

4 本棚を使う
たんすやキャビネットはフロアのスペースをとってしまうので、なるべく壁につけるタイプの本棚を使い、それになんでも置くようにしましょう。

5 キッチンの壁を利用する
キッチンの壁にフックをつけたり棚をつけると、フライパンやお鍋をひっかけたりスパイスや調味料、食器を置く事ができます。おしゃれなキッチン用品なら素敵なデコレーションにもなります。

6 カーテンで隠す
見せたくないもの、物置になっているスペースはカーテンでうまく隠しましょう。ごちゃごちゃ何でも見えていると余計部屋が狭く見えるものです。

小さい部屋では収納のことをよく考えた家具を選ぶ事が重要ポイントのようですね。

参照:6 Steps to Living Well in Tiny, Tiny Spaces
http://learni.st/users/kate.garklavs/boards/23158-6-steps-to-living-well-in-tiny-tiny-spaces

お役立ち情報[PR]