お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ヴィクトリアシークレットの新キャンペーン「パーフェクトボディ」―大非難を浴びて変更することに

※画像はイメージです。

世界的に大人気のランジェリーブランド、ヴィクトリアシークレットのキャンペーンに対し、「無責任な」スローガンであるとして不服を申し立てる2万6千人の署名が集まり、ブランドは急遽スローガンを変更することに。

【ネイティブ広告って、どんな広告?】

そのキャンペーンとは、ヴィクトリアシークレットのモデルたちがランジェリー姿で勢ぞろいをした写真に「THE PERFECT “BODY”(パーフェクトボディ)」というスローガンが掲げられているもの。
“BODY”とは、新商品名の「Body bras」に合わせたものだったのですが、多くの人から不快な表現だと見られてしまう結果に。

まるで、ヴィクトリアシークレットのモデルのプロポーションだけが「パーフェクトなボディ」だというように受け止められてしまったのでしょうか。

大非難を浴びて、ブランドはキャンペーンを一部変更。問題となったスローガンは撤廃し、新しいスローガンは「A BODY FOR EVERY BODY」になりました。

このような流れになったのは、著名運動団体であるChange.comが、このキャンペーンは「無責任」であり、ブランドは謝罪をしてマーケティングを修正するべきだとした著名活動があったから。2万6千人の著名や、ツイッターを通して多くの顧客からの批判メッセージを受けて、キャンペーンを変更させることとなったのです。

ブランドは意図としていないことでも、広告を見た人が不快な思いをしてしまうこともあるので注意が必要ですね。

新しいスローガンは、顧客に正しいメッセージを伝えることができたと言えそうです。

Victoria’s Secret renames its ‘Perfect Body’ campaign after backlash
http://www.cosmopolitan.com.au/health-lifestyle/lifestyle/2014/11/victorias-secret-renames-its-perfect-body-campaign-after-backlash/

お役立ち情報[PR]