お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

すべてを投げ打って愛する人を守る男性はキレやすい

女子だったら誰でも「私のためにすべてを捨てて守ってくれる人」と将来を共にしたいと思うでしょう。

【ほんとヤバイから逃げて!「キレやすい危険な男」を見抜く方法】

それは当たり前の願望であると言えますが、実はあなたを守りたいがために彼は周りにいる人には攻撃的でキレやすくなってしまう可能性があります。

ニューヨーク大学でこのことに関する興味深い実験が行われました。別室にある人物が控えていると伝え、その人物の悲惨な状況を被験者たちに事細かに説明します。

そしてこの人がこれからライバルと共にある大切な試験に望まなければならないが、もしあなたが彼に同情するならばこのライバルに辛いソースを飲み物に混ぜることができると伝えます。

かなりお下劣な実験ですが、被験者たちから面白い結果が集まりました。

悲惨な状況に置かれている人物への同情が強ければ強いほど、被験者はライバルにより多くの辛いソースを飲ませようとしました。

逆に対して同情していない場合は辛いソースの量は少なかったのです。

また被験者の唾液を調べたところオキシトシンCG型と呼ばれる遺伝子を持っている人はより人に深く同情する傾向があり、パソプレシンAVPR1a受容体という部分が長い人は同情している人を守るためにライバルや第三者を攻撃しやすいと明らかになりました。

研究者たちは人は一般的に愛情深く、同情しやすい人でも万人に優しくしていられるのはまれで部外者やライバルにはどうしても攻撃的になりやすいものなのだと語っています。

あなたの彼がどんなにあなたに優しくても、あなた以外の人には意外と冷たくて大して評判が良くないかもしれません。

でも「他人にも私にも優しいなんて嫌!」という女子が多いのも事実なのでそんなに大きな問題にはならなさそうですね。

Can love make us mean?
http://www.buffalo.edu/news/releases/2014/11/002.html

お役立ち情報[PR]