お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

歯磨き粉なしで歯磨きできる方法「塩で磨く」

最近ではさまざまな歯磨き粉が売られていますが、なかなか自分にあったものが見つからないという人もいるかもしれません。しかし何もつけないと汚れも落ちづらいと感じてしまうもの。それなら、歯磨き粉にかわるものがあればぜひ試してみたいところですよね。

【お風呂の鏡を歯磨き粉でピカピカにする方法】

そこで今回は、歯磨き粉がない場合の歯の磨き方をまとめてみました。

■歯磨き粉は歯磨きに必要?

歯磨きの目的は歯についたプラークを除去すること。これにより虫歯や歯周病の発生をおさえることができるのです。歯は見た目以上に凹凸部分が多いですから、歯ブラシを上手に使って細かな部分もしっかりと汚れを落としていく必要があるでしょう。

考え方としては、生活空間をブラシと洗剤を使って掃除する感覚と似ているかもしれません。

しかし歯の場合は磨く頻度が掃除に比べると多く、汚れが付いてすぐに対応することで歯磨き粉をつけなくても落とすことができるのです。このことから歯磨きのタイミングと歯ブラシを上手に使いこなす力があれば、歯磨き粉は必ずしも必要ではないでしょう。

しかし、多くの人が歯ブラシだけで汚れを完璧に落とすことが難しいために、歯磨き粉やデンタルフロスを利用する傾向にあります。

■歯磨き粉と似た力のあるもの

汚れを落としやすくしたり口臭や虫歯予防の効果を高めたりしたい場合には歯磨き粉を使うといいですが、代用として塩を使うという方法もあります。塩は昔から歯磨きのために使われてきたものであり、市販されている歯磨き粉の中にも塩が含まれているものが数多くあります。

殺菌作用や唾液分泌の効果が期待でき、さらに歯茎をマッサージすることで水分を吸収し、ぎゅっと引き締めることも。もし歯磨き粉が切らしてしまった場合などは、塩をつけて磨くのもいいでしょう。ただし塩をそのまま使うことは、健康上現代ではあまり好ましくないと考えられており、あくまで一時的なものとして考えておくほうが無難です。

近年では歯磨きに関するさまざまな商品が売られているものの、使い方を間違えば虫歯や歯周病予防もなかなか難しくなってしまいます。一度原点に戻って、歯磨きの仕方から徹底的に見直してみるのもいいかもしれませんね。

お役立ち情報[PR]