お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

恋愛感情ゼロだった相手に、愛情が芽生えたことは?「はい……11.0%」―「好き好き言われているうちに、まんざらでもなくなった」

運命の相手がどこにいるかは、誰にも分かりません。時には、全然気にしていなかった人を、急に好きになることだってあるかも? そこで今回、恋愛対象外だった人に愛情が芽生えた経験があるか、働く男女に聞いてみました。

【タイプじゃないのに胸キュン! 僕らが「恋愛対象外の女性」を意識したワケ】

Q.全く恋愛感情がなかった相手に愛情が芽生えたことはありますか?

はい……11.0%

いいえ……89.0%

やはり、恋愛感情ゼロの相手を好きになるケースもまれにあるようです。さて、それは一体どんなとき?

■外見ではなく、中身に惚れた

・「顔は好みじゃないけど、知ると凄くいい人だった」(35歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「美人でもないし最初の印象はあまりよくなかったが、すごく傷ついてきたことを聞いてからだんだん彼女のことを思うようになっていった」(31歳男性/食品・飲料/技術職)

・「変な人だなーと思ってた人が、実はすごく真面目に部活に取り組んでいて、しかも誕生日にプレゼントと言ってお花をさりげなくくれたこと。今でも大好きな相手です」(26歳女性/学校・教育関連/技術職)

パッと見で「タイプじゃない」と思っていたのに、その人の内面に触れたら、好きになってしまったパターン。一目ぼれで付き合うより、長続きしたりして。

■話すうちに、意気投合!

・「サークルの後輩で可愛かったけど、特になんとも思ってなかった子と話が合った。その後付き合った」(24歳男性/ソフトウェア/技術職)

・「今の彼氏がそうです。最初は全然良い印象はなかったけど、デートしているうちにすごく会話のテンポやノリが合うことに気付いて、いつの間にか男の人として大好きに」(25歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)

共通の趣味があったり、笑いのツボが似ていたりすると、話すうちにすっかり意気投合するケースが。そこから、何とも思っていなかった人との間に愛が芽生えることもあるようです。

■相手に好かれ、いつの間にか自分も……

・「好意を持たれた」(23歳男性/医療・福祉/専門職)

・「相手が好意をもっているのは知っていたから、次第にその気になった」(23歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「好きではなかったが、好き好き言われているうちにまんざらでもなくなった」(31歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

相手が自分のことを好きだと分かると、なんとなく意識してしまうもの。そこから一気に恋愛感情に発展することも、結構多いみたいですね。

今は射程距離内にいない人が、ある日突然、恋愛対象になることも。独女の皆さん、恋愛アンテナはぜひ広めに張っておきましょうね!

※マイナビウーマン調べ(2014年10月5日~13日にWebアンケート。有効回答数483件。社会人男性・女性)

お役立ち情報[PR]