お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

薬の「食後30分」は「以内」?それとも「後」?

寒暖の差が激しく体調を崩しやすい時期になった。そんなときに頼りになるのが薬だが、正しい飲み方は意外と知られていないようだ。

【急激な円安は、アベノミクスの成果?「いいえ、主な理由はアメリカの事情」】

定番の「食後30分」は「目安」の意味で、30分経たなくてもOKだし、多少遅れても問題ない。ただし、食後の薬を空腹時に飲むと胃に負担がかかるし、昼に飲み忘れたからと夜に2倍飲んだりすると中毒を起こすことがあるので絶対厳禁。

医者に処方される「日数」は、原因となるウィルスや菌を完全に退治するまでの時間だから、途中でやめたり勝手に減らしたりすると、かえって悪化することもあるのだ。

■30分よりも2時間が重要

薬を服用するタイミングは大別すると1.食前、2.食後、3.食間があり、なかでも

1. 食前 … 空腹時に効きめが高まる薬

2. 食後 … 空腹だと胃が荒れやすい薬

が一般的で、30分と指定された薬が多い。「食後30分」は「30分経ってから飲む」と解釈しているひとも多いだろうが、じつは「以内」の意味で、しかも目安でしかない。手元にあった市販のカゼ薬にも「なるべく30分以内」と記載されているように、厳密な指定ではないものが多いのだ。

ただし血糖値を下げる薬などには「食直前(しょくちょくぜん)」もあり、食前10分前などと指定されているものも多い。文字通り直前になるよう、食事がテーブルに並んでから飲むのが良いだろう。

食前/食後のあいだをゆくのが食間で、朝~昼食、昼~夜食のあいだを意味し、食後2時間が目安だ。古典的なネタだが「食事の途中」ではないのでご注意を。

薬を飲み忘れたときは、どうすれば良いのか? たとえば「1日3回・毎食後30分」のうち、昼の分を飲み忘れたら、

・夕食まで2時間以上 … 気づいた時点で飲む

・夕食まで2時間未満 … 昼の分はパスして飲まない

つまり、「30分」よりも夜の分と重複しないことが重要で、次の服用タイミングまで「2時間」を切っていたら、いさぎよくあきらめるのが肝心だ。これは薬の血中濃度が高くなり過ぎるのを防ぐためで、「昼に飲み忘れたから夜に2回分」なんて飲み方は、中毒を起こしかねない危険な行為なのだ。

■治ったと思っても、最後まで飲み切る

医者に処方してもらった薬は、日数分飲まないといけないのか? 答えはYesで、「もう治った!」と感じても途中で止めず、処方された量を飲み切るのが原則だ。

薬局やドラッグストアで買える薬と、医師が処方する薬の最大の違いは抗生物質で、抗生物質で病原菌やウィルスを退治するためには一定の血中濃度を保っておく必要がある。また、それらの病原体を完全に退治するのに必要な日数分が処方されているので、全量を飲み切るのが前提だ。

具合が良くなった!と感じても、病原体が完全にいなくなったとは限らず、再発することも多い。病原体が抗生物質に耐性を持ち、以前よりも治りにくくなる「リバウンド」のような状態に陥るので、もう大丈夫と思っても飲み続ける必要があるのだ。

抗生物質が含まれない市販薬は、自分で量を調整できるメリットもあるが、治ったと判断するのも自分なのでリスクも大きい。用量以上に飲んでも治りが早くならないどころか中毒を起こしかねないし、逆に減らすと効きが悪く長期化する危険性もある。

用法/用量を守るのは当然だが、あくまで応急処置と割り切り、しばらく服用しても良くならなければ、すなおに病院に行くことをおすすめする。

■まとめ

・食前/食後30分は「以内」の意味

・30分は目安。多少ズレても大丈夫

・食直前は絶対厳守

・病院で処方された薬は、日数分を飲み切るのが原則

(関口 寿/ガリレオワークス)

お役立ち情報[PR]