お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

オーストラリア人男性の平均寿命が初めて80才を超える

長寿国を誇るのは日本だけではありません。ここ10年でぐっと男性の平均寿命をのばしたオーストラリアが、男女とも80才まで生きられる国に仲間入りです。日本とオーストラリア以外に、スイスとアイスランドも男女とも平均寿命が80才以上です。

【2100年には国民の平均寿命が100歳になる―ノルウェー】

オーストラリア統計局の発表によると、女性の平均寿命はここ数年84才でしたが、男性の平均寿命は10年前の77.8才から80.1才へ大幅に上昇しました。

長寿は単に国の経済力によるものではありません。アメリカは世界有数の豊かな国ですが、平均寿命では世界で40番目前後になっています。

OECDによれば、オーストラリアの長寿は、世界でも有数の素晴らしい社会保険制度によるものだとされています。

また、たばこの消費量も急激に減少しており、これも長寿に貢献しているとか。これは喫煙の害を周知するキャンペーンや広告、増税によるものだと考えられます。

しかし、長寿国になった喜びよりも高齢化社会の問題を懸念する専門家も。シドニー大学の人口統計学者で社会学者であるホサイン氏は次のように語っています。

「長生きするからといって健康でいられるというわけではありません。高齢者にはそれ相応のサービスが必要で、そこに注目する必要があります。」

確かに日本でも高齢化社会問題は深刻です。年をとっても健康で豊かに生活できるよう、若い頃から体にもお財布にも気をつけて、しっかり老後に備えたいですね。

参考:Life expectancy for Australian men goes over 80 years-old for first time ever ? but why do they live so much longer than Britons?
http://www.independent.co.uk/life-style/health-and-families/health-news/life-expectancy-for-australian-men-goes-over-80-yearsold-for-first-time-ever–but-why-do-they-live-so-much-longer-than-britons-9844200.html

お役立ち情報[PR]