お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

せっかくの旅行でソンしないための11か条「旅行の早すぎる予約は×」

半年前から計画していた長期休暇計画、せっかくお金も時間もかけるなら、ソンせずお得に旅行したいもの。米情報サイト「Thrillist」が、旅行予約のコツや旅先でのお金の使い方など、予算を有効に活かして旅行を楽しむコツを紹介しています。

【日本人女性観光客はココがヘン! 海外旅行のマナー術】

1.海外旅行保険に申し込む
節約旅行でつい省いてしまうことの多い海外旅行保険。短期間だから、と思って出かけた先で思わぬ事故に会ったとしたら?米国など、救急車を呼んだだけで10万円、という国も。クレジットカードを通じた保険もあるので、絶対に申し込みましょう。

2.自国の旅行サイトだけに固執しない
Expedia(エクスペディア)、 Travelocity(トラベロシティ)、 Orbitz(オービッツ)、Kayak(カヤック)のほか、Skyscanner(スカイスキャナー)、Momondo(モモンド),Holiday(ホリデー)、Pirates(パイレーツ)、Laterooms(レートルームズ)Agoda(アゴダ)などなど、競争の激しいオンライン旅行予約サイトたちは、根気良く探せば良いディールが見つかるはず!日本語機能のあるサイトも結構あります。

3.お金の換金も賢く
出発前に国内で、はたまた現地について空港やホテルで、多額の現金を両替するのは手数料を考えるとムダが多いもの。レートの良いクレジットカードでの決済や、インターナショナルキャッシュカードなどの銀行カードでATMを利用するのがお得のよう。

両替手数料にも目を光らせましょう。

4.早すぎる旅行予約は危険
喜び勇んですぐに予約を取る!というのはちょっと待った。旅行代金の上下はおよそ3ヶ月前から始まり、お得なディールが出始めるのもこの頃。予約はせめて3ヶ月前まで待ちましょう。また、あまりに直前過ぎる予約も危険なほか、あまり頻繁に同じ旅行サイトで調べていると、クッキーを追跡したこれらのサイトが値段を吊り上げてくる可能性も。

5.ガイドブックに載っているレストランに固執しない
「旅行者価格」のお店が多いもの。また、観光名所などのそばの飲食店もおおむね旅行者を狙った価格で提供しているため、割り高に。トリップアドバイザーなどのほか、英語でちょっとハードル高めながら英語圏で人気のYelpや、Foursquare、Time Out、Open Riceなどのレビューサイトもチェックしてみましょう。

6.地元の人に尋ねる時の、尋ね方にも一工夫を
「どこで夕飯食べるべき?どこで食べるのがおススメ?」と聞くと、聞かれた人は観光客が多いお店や行きたがりそうなお店を教える可能性も。ここは、「あなたがいつも夕飯食べるお店はどこ?」と聞いてみましょう。

7.観光局を訪ねてみましょう
リアルタイムのイベントやお祭り情報などのガイドブックに載っていない情報も、現地の人が働いている観光局なら手に入りやすいもの。あなたの要望に合わせたツアーを組んでくれたりも。

8.ホステルを活用する
節約旅行の宿泊先の代表格、ホステル。相部屋にならずとも一人部屋の選択も可。もしホステルに泊まっていなくても、節約旅行のエキスパートたちが居るホステルに立ち寄れば、おススメの安いお店やお金のかからないアクティビティなどを教えてもらうことができます。

9.ホテルに直接電話、問い合わせするのも手
旅行予約サイトにはお得なホテル情報が溢れているように見えども、やはり仲介会社。手数料を取っている以上、ホテルと直接交渉した方がお得なディールを得られる可能性も。特に閑散期には有効。

10.マイル/ポイントを貯める
意外と有効活用していない人が多いクレジットカードのマイルやポイント制度。自分の持つカードのポイント制度を見直して、航空券への利用やツアーやホテルのお得な予約に使えるかを確認し、還元効率の良いカードに切り替えるのも手。

11.旅行者用観光パスを使う
複数の有名観光名所を訪れる計画があるならば、観光局などで、観光パスの有無を確認しましょう。最近では多くの都市で導入されているサービスで、一つ一つの名所で払う入場料、積もれば割り高ながら、パスを使えば指定の観光名所5箇所でいくら、といったように、都度払うよりもお得な値段で入場チケットのセットがもらえます。

11 WAYS YOU’RE THROWING MONEY AWAY WHEN YOU TRAVEL
http://www.thrillist.com/travel/nation/how-you-waste-money-when-traveling

お役立ち情報[PR]