お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

仕事を予定通りに立てられない人の特徴「自分の能力を過大評価している」

今日の仕事はこれとこれをやれば定時に帰れる!……と思ったのに、何故か予定の仕事が終わらないってことありませんか? 他に緊急の仕事が入ったわけでもないのに、何故か終わらない仕事、それは予定の立て方が悪いのかもしれません。

【やる気がないなら帰ってほしい! 「ムダな残業をしている人のエピソード」4つ】

■私の能力はどのくらい?

予定通りに立てられない人は、まず自分の能力を過大評価している傾向にあります。まずは一度、その仕事は何分で終わらせられるかしっかり計測しましょう。できれば仕事別、作業別に時間を計りましょう。これにより、今の力量や自分の仕事のペース、得意不得意が「時間」というもので如実に表してくれます。

■優先順位の付け方って知ってる?

ある仕事が終わらないと次の仕事に取り掛かれないこともよくあります。予定を立てるときは「何からやると次の仕事に取り掛かれるか」を考えて優先順位をつけましょう。これは、自分の仕事だけじゃなく他の人の仕事まで見て、優先順位を付けないといけません。

自分の仕事が終わらないから、その次の工程を担当する人が仕事に取り掛かれないでは、予定通りに仕事は終われないのです。

■今日はどこまでやればいいのか、具体的に

仕事の内容によっては、何日もかかるものがあります。だからといって「来週までに終わらせれば大丈夫」といった予定を立てていると、大抵直前まで仕上がらず慌てることになります。今日はどこまでをやるか、具体的な数字を持って計画を立てましょう。

このときに「この仕事を何時間やって……」という立て方はおすすめしません。サボっていても、時間は過ぎていくからです。

具体的に「この書類1束分」とか「何ページ分」という明らかに仕事が終わっていることがわかるものを目標に計画を立てましょう。この作業が終わるのにかかる時間は前の項目で計測しているはずですので、業務時間内で終わるよう予定も立てられるはずです。

■無理な予定は駄目だけど……

予定を立てるときに「自分の成長のため」といって、絶対にこなせない予定を立ててしまっている人がいます。これではいつまで経っても予定通りにこなせません。まず自分の力量を見極めた上で、それが確実に出来る予定を立てましょう。

その上で「ちょっと頑張ったらこのくらいまでできる、かも?」くらいの計画を少しずつ追加していくと、仕事の効率が上がっていくのがわかります。ちょっとだけ難しいことに挑戦するというのもポイントです。

「私の予定の立て方、間違っていたかも……」と思った方も、今日から気持ちを切り替えて予定づくりを変えていけばいいのです。今更と思わずにチャレンジしてみてください。それだけで、できる人に変わっていくはず。

お役立ち情報[PR]