お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼との結婚を考えてるはずなのに、ときめかないのはなぜ?

「なんだ、仲いいんじゃない。
ウチなんて同じ会社でも週1会えればいいほう。
ちゃんとデートなんて、月1くらいだよ。
マンネリになるくらい会ってるなんて、むしろうらやましいくらいだよ」
「そんなに会えてないんですか?」
「真澄はほら、業界誌にも掲載されるくらい、
今、仕事がのってるし。
おれも今年の間は定時であがれるけれど、
基本システムエンジニアは
残業が当たり前の職種だからね」

そうだった。
業務課にいる安曇先輩の彼女が
社内コンクールで出した改革案で、
ウチの部のシステムは改善。
大幅にコストダウンでき、
業界誌にも載ったのだ。

「でも、なかなか会えなくても続くなんて、
本当に信頼し合ってるんですね」
「うん……そうかもしれないね。
でも星野さんこそ、毎週彼の家に行くなんて、
もう家族みたいな感じだね。
そろそろ結婚とか、考えてるの?」

修二と結婚か……あれ、どうしてだろう?
結婚を考えてるのに、ぜんぜんときめかない!

お役立ち情報[PR]