お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

携帯電話を手に取ったら何をする?「電話をかける」は第6位―英調査

どんどん進化する携帯電話やスマートフォン。あ、これ元々は電話だったんだ……と思ってしまうくらい、本当にいろいろなことができるようになりました。

【働く女子に聞いた! 進化する携帯電話をどう使ってる?】

そんな携帯電話利用の実態を、タクシーを呼ぶアプリを開発したイギリスの会社が調査
。2,000人のユーザーを対象に、携帯電話を手に取ったとき何に使うのかその頻度を調べたところ、「電話をかける」は第6位に!

気になる調査結果は、以下のとおり。

第1位 テキストメッセージを送る※
第2位 届いたテキストメッセージを読む※
第3位 届いたEメールを読む
第4位 インターネットサーフィンをする
第5位 アラームをセットする
第6位 電話をかける
第7位 Eメールを送る
第8位 時間を見る
第9位 計算機を使う
第10位 Facebookを見る

※Eメールよりも簡易な、相手の電話番号だけで送受信できる文字メッセージ

もちろん各国ごとに料金形態が異なるため順位は前後してくると予想されるものの、やはり現代人はメール世代。テキストメッセージやメールなど、話すより打ってコミュニケーションを取るのが主流。

時間なら携帯で見られるから腕時計はしない、朝はスマホのアラームで起きる、なんて人も多いはず。割り勘の女子会で、携帯やスマホが計算機として登場するのもよくある光景。

そのうち、電話をほとんど使わない次世代の子供たちが、スマホの「ホ」って「フォン(電話・phone)」って意味だったんだ!? などと言い出す日が来そうな予感です。

Survey: Phones used more as alarm clocks than to make calls
http://www.upi.com/Odd_News/2014/10/31/Survey-Phones-used-more-as-alarm-clocks-than-to-make-calls/1661414764645/?spt=sec&or=on

お役立ち情報[PR]