お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

我慢していたら膀胱炎に! 思いつく原因と解消法とは?

おなかを押さえる女性女性がかかりやすいと言われる膀胱炎。仕事が忙しいからとトイレを我慢していると、膀胱炎になってしまうかも!? 実際に仕事が原因で膀胱炎になってしまったことがあるという女性に、どんな原因で膀胱炎になり、どう解消したのか聞いてみました。

 

Q.尿意を我慢することが多くて、膀胱炎になったことはありますか?

ある……9.9%
ない……90.1%

膀胱炎になったことがあるという女性は9.9%と意外に少ない結果に。詳しく見ていきましょう。

■好きなときにトイレに行けない仕事は、膀胱炎に要注意

・「サービス業で、好きなときにお手洗いに行けないことがある」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「仕事中に席を立ちづらくて行きそびれ膀胱炎になってしまいました」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

接客がメインのお仕事だと、店内が込み合うほどにトイレに行きそびれることがあります。また仕事が忙しくて、なかなか席を外せないというお仕事も同様。こんなお仕事についている場合、どうすればいいのでしょうか?

■水分をたくさん飲んで、行きたくなくてもトイレへ

・「仕事中、あとちょっとと思ってやっているとちょっとどころではなくかなりの時間、行けなかった。席を立つタイミングで行きたくなくてもいったほうがよい」(31歳/その他/事務系専門職)

・「仕事が忙しいときはギリギリまで我慢している。水分をたくさん飲んで、たくさん尿を出す」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

膀胱炎の原因は細菌。女性の尿道は短いため細菌が侵入しやすく、膀胱の中に菌が入り込みやすいのだとか。これを防ぐには、尿で入り込んでくる細菌を押し流すのが大事なのだそうです。水分をたくさん取り、こまめにトイレに行きましょう。

■膀胱炎になったら、お医者さんへ

・「仕事が立て込んでいるとき。お医者さんから処方された抗生物質を飲んで治した」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「仕事が忙しくて、トイレのタイミングを逃してしまい……。膀胱炎にはとにかく内科で薬!と多めの水分」(33歳/医療・福祉/専門職)

また膀胱炎になってしまったときは、迷わずお医者さんへ。膀胱炎は風邪と同じで、体の免疫力が落ちて菌への抵抗力が落ちていることにも原因があるのだそう。お薬を処方してもらい、適切な対策をとりましょう。

■その他、自分でできる予防法は?

・「クランベリージュースを飲む」(28歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・「打ち合わせでトイレにいけなくてなってしまった。疲れをためない」(29歳/生保・損保/事務系専門職)

古くから尿路感染にいいと言われている、クランベリージュース。民間療法ではありますが、試してみる価値はアリかもしれません。また免疫力を維持するためには、疲れやストレスをためこみすぎないのも大事。仕事の疲れは日々リセットして、ためないようにしましょう。

膀胱炎は毎日の習慣からかかってしまうことも多いもの。日頃からトイレに行けず我慢することが多いなら、無理せずこまめにトイレに行き、膀胱炎にかからないよう注意してくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年10月3日~17日にWebアンケート。有効回答数292件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]