お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ファッション全般

女の敵は女!? 「この人、若づくりだな~」と思われてしまう人の特徴

悲しいかな、昔買ったお気に入りの服を着続けていたら、いつの間にか年不相応な印象になっていた……といった“プチ事件”はままあるもの。特に、同じ緊張感を共有する同性からのジャッジは案外厳しいようで……。今回は、女性たちが目撃して「それは年不相応!」と感じたコーディネートについて、思う存分ぶっちゃけてもらいました。

■露出度が高い

・「35歳くらいのミニスカ、ショーパン。イタい」(28歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・「40歳くらいで背中がぱっくり開いた服を着ていた」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「40代の会社のお局に。いくらスタイルがよくても、お立ち台ギャルのような服はいかがなものかと思う。イタいです」(30歳/金融・証券/専門職)

30~40代になっても、10~20代のような露出度の高い服を着ていると、同じ女性からも「イタい」と思わてしまうよう。年齢を重ねたら、大人の女性として恥ずかしくないように、露出は抑えて品のある格好をしたいものですね。

■年不相応!?

・「30代で高校制服着てディズニーに行くとか、イタすぎ」(25歳/運輸・倉庫/技術職)

・「40歳の会社の先輩が、いつも20代向けの服を着てくる。旦那さんは20代だけどそれはどうかと思う」(24歳/電機/事務系専門職)

・「花柄の清楚なワンピース。娘の服を着られることを自慢にしている50代の人がいて、よく着てきていたけれど、正直若向きすぎてどうかと思った」(31歳/その他/事務系専門職)

ファッション自体はおかしくなくても、ターゲットの年齢層から大きく逸脱していると、やはり年不相応に見えるよう。「娘と服を貸し借りできるママ」に憧れる気持ちも分かりますが、過度な若作りファッションは、控えた方がよさそうです。

■ひらひら・フリフリした可愛い服

・「パステルカラーでひらひらスカートのアラサー女性」(28歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「27歳の会社の同僚が花柄フリフリワンピを着て来たとき。あまりにもラブリーで絶句……」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「ピンクのフリフリした服は10代までかな……」(28歳/通信/技術職)

いくつになっても、女性は「可愛い」ものが好き。ただし、ひらひらした可憐なスカートや、レースのフリフリがついた服などを大人の女性が着ていると、同性からもドン引きされる可能性が……。

自分で「まだいける!」と思って着ている服でも、実は周りの女性から冷たい視線を送られている……なんてことが、もしかしたらあるかもしれません。心配になった人は、今一度、コーディネートが年相応かどうか、少し厳しい目で振り返ってみてもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年9月にWebアンケート。有効回答数124件。22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]