お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

正論を突き付けてくる女にウンザリ:鈴木詩子連載36

Update : 2014.11.04

ため息が全部お金になったらいいのに…

鈴木詩子の「私が出会ったウンザリ女」

第36回「正論を突き付けてくる女にウンザリ」

 私の携帯の待ち受け画面を見て、主婦のJちゃんが飛び上がってこう言ったんです。
「誰…このイケメンは!?」
「ふふ…私が今ハマっているプロレスラーの飯伏幸太選手だよ」
「詩子がこんなイケメンにハマるなんて珍しい! どうしちゃったの?」
「確かにイケメンだし、筋肉も凄いけど…とにかく空中技凄いんだよ!もう嘘みたいにクルックル回って…も~毎日DVD観て興奮しているよ!!」
「へ~そうなんだ!」
「それに、キャラクターも面白くてエピソードも最高なんだよ~! 小6の時に初めて自分の部屋をもらって、その部屋をプロレス会場に見立てて毎日受け身の練習してたんだって」
「かわいい~」
「でね、毎日同じ所でやってたら…ある日床が抜けたんだって」
「え~」
「あと、同級生に技をかけたいけど嫌がるからおこづかいを貯めて『300円でドラゴンスープレックスを5回かけさせろ』ってやってたんだって」
「ん…?」
「あと、朝礼台から空中技(フェニックススプラッシュ)やって肋骨全部折ったりとか~」
「はぁ?」
「有刺鉄線デスマッチがやりたくて、ホームセンターでお母さんに『有刺鉄線買って!』ってねだったりとか…本当にプロレスが大好き過ぎるのが伝わってくる良いエピソードだよね~」
「う~ん…ちょっと、引くんですけど…でも、何はともあれイケメンに素直にときめけるようになったなんて進歩したね! 実物に会ったらもっとときめくんじゃない?」
「実は…飯伏選手じゃないんだけど、もうすぐ中邑真輔選手のサイン本お渡し会&握手会があるんだよ~! そのイベント、ツーショット撮影も出来るんだって…どうしよう~中邑選手も大好きなんだよ~!」
「え~中邑選手ってどんな感じ? 写真見せて…うっわ、こっちはワイルド系だ! いいね! 私はこの人の方がタイプだな~さっきのかわいこちゃん系イケメンもいいけれど…」
「ね~どうしよう~! なに着ていけばいい? ちょっとリサーチしてみたんだけど、やっぱり公式の中邑Tシャツの人が多いみたい…」
「まぁ、一目で分かりやすく応援しているのが伝わるもんね」
「それにね、女の子なのに中邑選手と同じ髪型してる子とかもいて…熱いよね! 私みたいなニワカファンには凄過ぎてマネ出来ないな~って思うよ」
「え…こんなモヒカンみたいな髪型、マネしちゃダメだよ!! 何目指してんだよ、バカか!」
「いいじゃん! 熱が伝わる尊い行為だよ!!」
「いや、詩子がやったらダメだって言ってるの! そんなデブで髪もモヒカンなんかにしたら目も当てられないよ! なんか…更に最近たくましくなってない?」
 「…毎日スクワットやってるからかな?とにかくスクワットだって…色んな選手が言ってるから…」
「だから何目指してるのかって言ってんの! とにかくもっと痩せろ! そして、お渡し会には出来るだけ可愛い格好で行く事! 分かった?」
「うっ…分かったよ…」

 その日、私は中邑選手に会うためだけの服を買いに行った。服を選びながら(あっ…私って、中邑選手に少しでも綺麗だと思われたいんだな…)と気づいてしまい、もの凄く恥ずかしくなってしまったのでした…ウンザリ☆

【鈴木詩子:プロフィール】
すずきしいこ…漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなアイドルは嗣永桃子。著書に『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)

チヤホヤされたい女子高生・桃子は、いつだって残念な感じだった。でも、そんなのもうイヤ! 立ち上がった桃子の熱い想いは、クラスのみんなに届くのか!?
オススメコミック:『女ヒエラルキー底辺少女』[コミック](青林工藝舎)/著:鈴木詩子 発売中!
http://books.rakuten.co.jp/rb/6243475/
書店・ネット書店でご注文ください。

連載バックナンバー(最新10件)はこちら→http://bit.ly/1yTVOlC 
(リンクの飛ばないサイトでごらんの方は、URLを検索窓にコピペしてください)

お役立ち情報[PR]