お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ウィルスを媒介するオーストラリアの蚊が遠く、アメリカまで渡っていた!

人や犬などにウィルスを媒介するオーストラリアの蚊が、遠くアメリカで発見されました。

ロサンゼルスの媒介動物制御機構によると、「Aussie Mozzie(オージー・モージー)」というニックネームを持つ蚊をカリフォルニア州のモンテレー・パークで発見したとのこと。バーマ森林病やロス川発熱など致命的ではないウィルスを人へ媒介し、犬にもイヌ糸状虫病を媒介するのが特徴。

【たかが蚊、されど蚊、伝染病を媒介するキケンな虫「ヒトスジシマカ」を知っている?】

実は、当初は「ヒトスジシマカ」という危険なウィルスを媒介する蚊を捜索していたところ、偶然「オージー・モージー」が発見されたとのこと。

現在、科学者たちはどのようにこの蚊が遠く離れたアメリカまで移動できたのかを調査中です。

輸入品に紛れてアメリカまで渡ってきたのか、または旅行者と共に入国したのでしょうか?

オージー・モージーの卵は水分がなくても5年間は生存可能なので、いつアメリカに渡ったのかを特定することは難しいとのこと。また、貿易も盛んで海外渡航者数も膨大なため、感染源を確定するのは困難になるとされています。

アメリカ国内の蚊は夕暮れや暗闇で人を刺しますが、オージー・モージーは昼間に人を刺す性質があるので、アメリカ国内で昼間に蚊に刺されたらそれはオージー・モージーかも!?

Australian mosquitoes invade LA
http://www.news.com.au/technology/environment/australian-mosquitoes-invade-la/story-e6frflp0-1227061347168

Zebra-striped Australian mosquito found in Los Angeles
http://www.losangelesregister.com/articles/mosquito-604934-mozzie-aussie.html

お役立ち情報[PR]