お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

なぜディズニー映画のキャラには「ママ」がいないのか?意外な理由が明らかに

なぜディズニー映画のキャラには「ママ」がいないのか、不思議に思ったことはありませんか? 実は、それには驚くべき理由が。その理由を、映画「マレフィセント」の製作責任者であるドン・ハーン氏が教えてくれました。

【ディズニーの悪役たちの名言に学ぶ困難を乗り越えるヒントとは!?】

1、主人公が早く「成長」するため
ディズニー映画は「成長」 がキーワード。そのため、80~90分間という限られた時間の中で早く成長を遂げる必要があります。ライオンキングのシンバは家から逃げ出しますが、両親から離れることで責任感が芽生え、内面的に早く成長します。

また、バンビのママは殺されてしまうのでバンビは早く成長をしなければいけない状況に。他にも、物語の冒頭に両親と離れるケースが多くありますね。

2、ウォルト・ディズニーの母の悲劇
ウォルト氏は両親に家を買い、スタジオスタッフがガス設置工事を実施。ところが、両親が入居した後ガスが漏れて母親がガス中毒で亡くなってしまったのです。

この事件についてウォルト氏は当時あまり話をしませんでしたが、彼の心に与えた傷は大きく、それ故ディズニー映画は無意識のうちに「ママがいない」設定になっているのかも。

いかがでしたか? 意外?それとも納得? いずれにしても興味深い分析ですね。

Why do Disney movie characters rarely have mums?
http://www.news.com.au/entertainment/movies/why-do-disney-movie-characters-rarely-have-mums/story-e6frfmvr-1227061374951

お役立ち情報[PR]