お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

強い女性になれる? ハリウッド女優の名言たち!「人間が授かった大いなる才能、それは共感する力です(メリル・ストリープ)」

ハリウッドを代表する女優さんには、芯の強い、しっかりとした女性が多いです。彼女たちの言動には、世界中のファンから注目が集まります。というわけで今回は、そのハリウッド女優の名言を集めてみました。

【英語で学ぶカッコいい映画のせりふ10選『世界は美しい。戦う価値がある』『必死に生きるのか、必死に死ぬかだ』】

●「美しい目になりたければ、他人のいいところを探すこと。美しい唇になりたければ、優しい言葉を話すこと。落ち着きが欲しいなら、自分は決して一人じゃないと思って歩くこと」
For beautiful eyes, look for the good in others; for beautiful lips, speak only words of kindness; and for poise, walk with the knowledge that you are never alone.

『ローマの休日』で全世界を魅了した女優オードリー・ヘップバーンの言葉です。美しい目、唇、そして物腰の柔らかさを持っていた彼女だからこその説得力がありますね。

●「人間が授かった大いなる才能、それは共感する力です」
The great gift of human beings is that we have the power of empathy.

もはや大女優の風格も漂うメリル・ストリープの言葉です。「演じること」は、人の共感を得ないと成立しないですから、女優という職業から彼女が感じることなのかもしれませんね。

●「他の少女がバレエダンサーになりたがっていたとき、私はなんとなく吸血鬼になりたいと思っていました」
When other little girls wanted to be ballet dancers, I kind of wanted to be a vampire.

すっかりハリウッドを代表する女優となったアンジェリーナ・ジョリーの言葉です。彼女はやっぱり変わっていますね。その変わっていることを隠さず、堂々と個性として前に押し出している点に、彼女の勇ましさ、気高さを感じませんでしょうか。

●「後悔というのは、やってしまったことじゃなく、やらなかったことに対してするもの。だから私はどんな機会も逃さないようにしているの」
Your regrets aren’t what you did, but what you didn’t do. So I take every opportunity.

いくつになってもかわいい魅力のある女優、キャメロン・ディアスの言葉です。やらなくて後悔するぐらいなら、やって後悔した方がいい、という非常にアグレッシブな態度の表明ですね。こういう態度だから彼女はいつまでも輝いているのかも。

●「本当の愛はやって来るものじゃないのよ。あなたの中にあるものなの」
True love doesn’t come to you, it has to be inside you.

ジュリア・ロバーツの言葉です。彼女も、いつまでもかわいい女性ですよね。自分の中に「強い、本当の愛」を持っているからこそ、彼女らしい魅力が発揮できているのでしょうね。

映画の中からも、強い女性を感じさせる「ハリウッド女優のカッコいいせりふ」を挙げてみましょう。

●「神様! 見ていてください! 私は二度と飢えで泣きません!」
As God is my witness, I’ll never be hungry again!

大作映画『風と共に去りぬ』の第1部ラスト、ヴィヴィアン・リー扮(ふん)するスカーレット・オハラのせりふです。南北戦争ですっかり荒廃してしまった自分の邸宅。財産もすっかり北軍に接収されてしまったスカーレットは、あまりの自分のみじめさに号泣するのです。

彼女はそこから立ち上がりこう叫びます。

As God is my witness, they’re not going to beat me. I’m going to live through this and when it’s all over, I’ll never be hungry again. No, nor any of my folks. If I have to lie, steal, cheat or kill. As God is my witness, I’ll never be hungry again!

「神様! 見ていてください。私は負けません。この先、全てが終わるまで、私は生き抜いてみせます。私は二度と飢えで泣きません! 家族を飢えさせたりしません! そのために、私はうそをついたり、盗みをしたり、人をだましたり、殺したりするでしょう。

私は二度と飢えで泣きません!」

スカーレット・オハラは気高く、確固たる信念を持って、廃虚から立ち上がるのです。そして物語は第2部に続きます。

●その娘から手を離すのよ! このクソ野郎!
Get away from her, you bitch.

『エイリアン2』のラストバトル、シガニー・ウィ-バー扮(ふん)するリプリーが、クイーンエイリアンとの対決で発した言葉です。開拓団最後の生き残りである少女ニュートを守るためにリプリーは、こう叫んでパワーローダーを駆ってクイーンエイリアンに戦いを挑みます。

このラストバトルは、人間のお母さんと、エイリアンのお母さんの「お互いの母性を懸けた戦い」でもあるのです。

いかがだったでしょうか。どの言葉にも、それぞれの女優さんの個性が表れているように思えますね。
あなたは、ハリウッド女優の名言といえば、どんな言葉を思い浮かべますか?

(猫一式@dcp)

お役立ち情報[PR]