お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

カレとあのコが旅行――ショックで頭が真っ白になって

「なんであなたにそんなこと言われなくちゃいけないの?」
さっきまでの余裕がどこかに吹き飛んだ。
輝からは、菜奈さんとは付き合っていないと聞いている。
その菜奈さんが、なんで私と輝のことに口出すの?

「輝くんに聞いたんです。
結美絵さんのことをどう思っているかって」
緊張で体が硬くなった。
その答えは、知りたいし、知りたくない。
生唾を飲み込んだ私に、菜奈さんが続けた。
「結美絵とは、もう終わってる。なんでもないって。
輝くん、そう言っていました」

その瞬間、ショックで頭が真っ白になった。
確かに、その通り……。その通りだけど……。
「でも、あなただって彼女じゃないんでしょ」
「今は、まだ。でも……」
意味深な言葉に、不安が募る。
「来月、旅行に行く約束をしました。
それがどういう意味か、わかりますよね?」

さらに大きなショックに打ちのめされた。
――本当に終わったんだ。
輝とは、もう、やり直せないんだ。
心の中が真っ暗になるのを感じた。

お役立ち情報[PR]