お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

自分の子を賢い子供にするために2つの言語を教えよう!

シンガポールの研究により、2ヶ国語を話す家庭環境(両親がそれぞれ違う第一言語を話す環境)の赤ちゃんのIQが高いものだということが判明しました。

【何気ない言葉が「心の体罰」に!子供の芽を摘む危険な言葉3つ】

バイリンガルと一ヶ国語しか話さない家庭環境の赤ちゃんたちを同数集め、クマとオオカミのカラフルな画像を見せる実験が行なわれました。そのうちの半数の赤ちゃんには、クマの画像を何度も見せ、見慣れた画像になるようにします。

オオカミが新しい画像ということになります。画像の内容に結果が左右されないために、残った赤ちゃんたちには、これと全く逆に、オオカミの画像を何度も見せ、クマが新しいものということにします。

その結果、バイリンガルの赤ちゃんが、一ヶ国語しか話さない赤ちゃん(だけでなく幼児)よりも早く見慣れた画像に飽きて新しい画像に集中するということが分かったのです。

過去の研究から、乳児の発達の度合いは、馴染んだ画像に飽きて新しいものに興味が移るまでの速度から、予測できるものとされてきました。古いものに飽きて新しいものに意識が集中するのが早ければ、その子供のIQは高いということになります。

バイリンガルの家庭で育った6ヶ月の赤ちゃんは、2つの言語を聞き分けることによって、自然に二つの言語を学んでいることになるのだそうです。子供に日本語以外にもう一ヶ国語で話しかける環境を作ってあげるといいですね。

Want your child to be clever? Teach them two languages: Study finds
bilingual babies often show signs of having a higher IQ
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2743232/Want-child-clever-Teach-two-languages-Study-finds-bilingual-babies-signs-having-higher-IQ.html

お役立ち情報[PR]